完全妄想系超内向性ブログッ!!

   

旧時代の遺物

2017年09月18日

170918.gif



先日、冷蔵庫の扉を開けっぱなしにして眠っていたことがあった。

やっちまったぁ~…と思いつつ、朝飯用の食パンを冷凍庫から取り出そうとすると、なんと冷凍庫内部の温度も室温レベル。

おぉ?冷凍庫の扉は開けっぱじゃなかったぞぉ~?

これは、冷蔵庫の扉を開けっぱなしにしていたこで、冷蔵庫が異常を感知し冷蔵・冷凍共に出力を抑える…って機能が作動したか、もしくは単純に冷蔵庫がぶっ壊れてしまったか…。

前者なら問題はないのだが、後者だと冷蔵庫買い替えの必要がある…困ったなぁ…。

…などと思いながらも、その後の冷蔵庫の挙動を確認し続けるわけにもいかず、出勤する鯨田さん。

壊れてしまっていた時のために、飯休憩の時に家電量販店に赴き冷蔵庫の価格を調べてみると…一人暮らし用の冷蔵庫だとだいたい5~7万円くらい。

まあこんなもんかと思ったが、鯨田さんの目を引いたのは、冷蔵庫の値段よりも、冷凍庫が下部にあるその形状。

…そんなの当たり前やろ…と思われるかもしれないが、鯨田さんが使っている冷蔵庫は20年前のものなので、まだ冷凍庫が上にあるデザインなのよね。

『おお!最近は小さな冷蔵庫でも、この配置なのか~。よく使う冷蔵庫の方が出し入れがし易くて良いなぁ~。冷蔵庫が壊れちまったのも、マイナスってだけでもないかも…。』…などと思いつつ、帰宅してみると…冷蔵庫は壊れてなどおらず、冷蔵・冷凍どちらもちゃんと機能していた。

…余計な出費がかからなくて良かったんだけれども…、新冷蔵庫へのワクワクが無かったことになり、ちょっぴり残念にも思ったり。




タグ:   特に誰でもない少年
2017.09.18(Mon) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top

コメント

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する