完全妄想系超内向性ブログッ!!

   

流行に噛みつけ!

2016年10月16日

16-10-16.jpg



鯨田さんは激怒した。

日本には全くなじみがなかったハロウィンなどというイベントに対しての怒りだ。

なにかしらのイベントに沸き立ちたいという気持ちは分からないでもないが、それによって不利益を被る人間もいるということを忘れてはならない!!!



こんな事を言うのは勿論理由がある。

そもそもは、先日それなりに長い期間遊び続けていたスマホゲームを、一時の激情でやめてしまったことから始まる。

その代わりの暇つぶしとして『Township』という別のスマホゲームを10日前くらいから遊び始めた。

このゲームは所謂都市育成型シミュレーションゲーム。

畑で作物を育てたり、厩舎で動物を飼育したりして、そこで手に入れた野菜やら牛乳やらを加工することで、街を発展させていくゲームだ。

シムシティとは違って各施設が建っている位置関係などで、公害やら渋滞やら発生したりという要素はなく、さらに一回配置した建物も自由に動かせるため、景観をいくらでも自由にいじれる楽しさがある。

軽い気持ちで始めてみたが、結構ハマってしまっていた。

さて、ゲームを始めて一週間くらいたった時の事。

朝目が覚めると、布団の中でとりあえずゲームを起動し町の手入れをすることが習慣化している鯨田さん。とりあえず眠っている間に育った畑や厩舎から、作物を回収していく。

羊の毛も刈れるようになっていたので、羊の厩舎に入ってみるとなんと何やら羊たちの姿がいつもと違う。

おや?と思い、まじまじと羊たちを見つめてみると、なんと天使のような頭の輪っかと羽がついるではないかっ!?

おぉ!?何これっ!?昇天しかけてますやん!!

これってもしかして、ゲーム内の動物たちには寿命があって、羊たちはそろそろ天に召されようとしているということかしらん?

マニュアル関係に一切目を通していないため、どういうシステムになっているのか良く分かっていない鯨田さんは、羊の入れ替えによって羊毛の安定した入手が出来なくなるのかな~…などと怯えつつ、今度は卵を収穫するために隣の鶏の厩舎に入ってみると…。

鶏たちは包帯でグルグル巻きの姿になっており、なんと頭には矢まで突き刺さっている始末。

あああああっ!!鶏も死にかけとる!!寿命が迫ってきとるぅぅぅ~っ!!!羊毛に続き卵までも生産体制に不安を抱えることになるのかぁ~っ!?

軽いめまいを覚えながらも、町にいる最後の動物、牛の厩舎に足を踏み入れる。すると…。

牛たちは、ドラキュラが身に着けているようなマントをしているではないかっ!!

うわあぁ~ん!まさか乳牛たちまで寿命が~っ!!!

ん?…寿命が…つきかけている…のか?マント?ん?

そこでフッと、今が10月であることに気付いた鯨田さん。

『あ、これもしかしたらハロウィン用の仮装なんちゃうん?』

…落ち着いて村の様子をよくよく見てみると、町民の方々も魔女やら死神のコスプレをしており、いたるところにカボチャの装飾が…。

紛らわしいわぁ~っ!!!ホンマにビックリしたっ!!!ホンマにビックリしたんやぞ~っ!!!

ハロウィンなどというここ最近で急に盛り上がってきたイベントなんかを、ゲーム内に持ち込むんじゃねぇよぅ!!!にわかがぁ~!!

…などと憤りかけたが、ゲームの開発は外国の会社(多分アイルランド)なので、ハロウィンイベントを盛り込むのはにわかでも何でもなく、むしろ当然の事だな…と思い直した。

あと、ハロウィン色に染め上げられた村の様子は、いつもと違う雰囲気でとても楽しいな…とも思った。

つか、そもそも鯨田さんはハロウィンの時期はモンスターの仮装をしたキャラクターのイラストが増えるので嬉しかったんだった…とも思い出した。

…というわけで、最初ハロウィンに否定的なような雰囲気を醸し出しましたが、鯨田さんは肯定派ですよ。インパクト出すために過激なこと言っただけですよ…という事を最後に付け加えて今回の記事を終わりにさせていただきます。



タグ:   一場晶
2016.10.16(Sun) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top

コメント

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する