完全妄想系超内向性ブログッ!!

   

体力の限界!!

2015年07月31日

15-07-30.jpg



現在鯨田さんは、実家に帰省中。

去年はこの期間『水着祭り』やってたんだよな~…などと思い出し、申し訳程度に花緒の水着姿など。

さて今回の帰省、実家に帰るついでに京都にたちよってみた。

以前から強烈に行ってみたいと思っていた、ある場所を訪れるためである。

名所旧跡の宝庫京都で鯨田さんが行ってみたかった場所…まあ…『ニジクジッ!!』読者のみ方なら、薄々察しがつくかも知れないが…そう!!何を隠そう任天堂本社であるっ!!

数ある世界遺産よりも!言ってしまえば観光地でもなんでもなくただのビルでしかない任天堂本社にっ!!鯨田さんは行ってみたかったんやーっ!!!

行ったところで、門の前で『わあ~、ここが任天堂かぁ~』…などと思いながら、外観の写真をパシャリとするくらいしかやることはないんだけどもっ!でもそれでもっ!!

そんな思いを胸に秘め、午前10時前頃に古都京都に乗り込んだ鯨田さん。

とは言っても、なにも他の観光名所に全く興味がないわけではないので、メインディッシュに任天堂本社をとっておいて、適当に徒歩でブラブラしながら点在する寺や神社を参っていくことに。

…今思えばそれが間違いだった。

調子に乗ってろくに休憩もとらずに、見知らぬ街を徘徊していた鯨田さんは、真夏の京都の酷暑、無数の観光客の群、Googleマップのわりとアバウトなナビっぷりという要素もあいまって、4時間たった頃には疲労の極みに達していた。

帰省用の荷物を入れたカバンは肩に重く食い込み、足は棒のようになり一歩進むのも一苦労、そしてなにやら頭も痛くなってくる始末。

『あかん!これ、このままいったら死んでしまうやつやっ!!』…と遅ればせながら生命の危機を察知した鯨田さんは、鴨川沿いの遊歩道、七条大橋の下で影になっている場所に逃げ込んだ。

地べたに座り込み、3DSをやりながら体力回復を図る鯨田さん。

その時点で当初の予定の半分ほどしか回れておらず、なによりも初代任天堂社屋、二代目任天堂社屋、現任天堂本社ビル…の今回京都を訪れた最大の目的の場所は一つも行けていない。

これじゃあ、京都にきた意味がないよーっ!!せめて…現本社ビルだけでも…とは思ったものの、最早今からそこへ行くほどのげんきはとてもじゃないが残っていない。

『任天堂のお膝元京都で3DSをプレイできただけで良しとするか』…と、訳の分からない理屈で自らを無理やり納得させ、今回の任天堂本社来訪は泣く泣く断念することに。

その後、1時間ほど橋の下で3DSをプレイしながら、なんとか京都駅にたどり着ける程度にまでは体力を回復させた鯨田さん。京都を離れゆく列車に揺られながら、『次来たときは、まず任天堂本社から回ろう!』と来年の再訪を固く心に誓うのであった。




2015.07.31(Fri) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top

コメント

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する