完全妄想系超内向性ブログッ!!

   
15-01-04.jpg



1月1日の話。

鯨田さんの職場は、盆暮れ正月関係なく仕事があるので、世間一般の皆さんが新年を迎えくつろいでいる元日にも出勤して働いていたり。

正月気分を一切感じないまま仕事を終え、帰宅の道で『せめて夕飯くらいは正月っぽいものを食おうかな』…などと思い、近所のコンビニにぶらりと立ち寄った。

なにか正月っぽいものは…と店内を見回してみるも、とくにそういった品揃えは見当たらない。

その代わりに目に付くのは、いつもは同じような時間帯なら少数しか残っていないコンビニ弁当達が、結構な勢いで余っている光景。

『そら、普通正月からコンビニ弁当なんか買わんよな』…と、思うと同時に『ってことは、こいつらは大半このまま捨てられる運命なのか』…なんて考えてしまい、せめて一個くらいは廃棄から救ってやるか…と、焼きビーフンを手に取りレジへ…。

結局、正月と一切関係ない夕飯を食べつつ、『クリスマスも作り置いていた豚汁が夕飯だったな~』などと思い出し、寂しい気分になる鯨田さんなのだった。

タグ:   押屋圭
2015.01.04(Sun) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top

コメント

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する