完全妄想系超内向性ブログッ!!

   
14-09-29.jpg
↑この娘達、ちょっと美少女すぎやしない?



鯨田さんが現在使っているポータブルオーディオプレイヤーは、デジタル時代のものだけで数えると4代目。

前代のプレイヤーを父親にあげて、新しく購入したこの4代目プレイヤーを使い始めてだいたい2ヶ月たつが…正直新しいのに買い替えたい…。

現在使用中のその機種は、非常にコンパクトかつシンプルな商品。

液晶画面には文字しか表示されず、機能も再生の他はリピートとシャッフルがある程度、って感じで最低限のものしか搭載されていない。

そもそも、鯨田さんがデジタルプレイヤーとして使っていた初代のものが、まさに今使っているのと同じような感じのもので、当時鯨田さんはそれを大変気に入って使っており、『これこそがミュージックプレイヤーの理想系だな!』…などと思っていたのだ。

ミュージックプレイヤーに、いろいろゴチャゴチャと機能を付けても邪魔でしかないし、大きな画面に解像度高めのCDジャケットの画像を表示するのも無駄以外の何ものでもない…などと、その特徴に該当する二代目、三代目の機種を使っている時に常々思っていた。

シンプルイズベスト!!!これが真理!!!

そして、新しいプレイヤーを買おうかと店に行った時、かつてお気に入りだったプレイヤーと同タイプでありながらも、当時唯一の不満点だった容量が大幅に増量された、リファイン機とも言えるプレーヤーを見つけ、『これしかねえ!』…と飛びついたわけなのだ。

…わけなのだけど…いざ使ってみると…どうにも使いにくい。

前代までの機種では使えていた、プレイリストの編集等の便利機能がないと物足りなく思ったり。

なまじ容量が増えたばかりに、小さな画面では膨大に入っている曲のなかから目当ての曲を探し出すのも面倒だったり。

画像付き液晶で、視覚に直感的なユーザーインターフェイスの利便性に気付かされたり。

なにしろ本体が小さいだけにバッテリー容量が少なかったり…と。

痒い所に全く手が届いていない感じだ!!!

昔使っていたシンプルなものこそが至高!!!…なんてのは思い出を無駄に美化していただけのような気もする!!!

多機能に一旦慣れちゃうと、必要最低限ってものにはもう戻れないのかもしれないねー。

つか、多機能っつうんだったら、それこそスマホで音楽聴けばいいやろ…とも思うんだけど、それはやっぱちょっとバッテリーがねえ…不安なのよね~。


タグ:   一場晶   押屋圭
2014.09.29(Mon) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top

コメント

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する