完全妄想系超内向性ブログッ!!

   

薄っぺら先生

2014年08月12日

14-08-12.jpg


全快の記事で、先月に実家に帰省した際に、父親にポータブルミュージックプレイヤーをくれてやった話をしたが、それのついでに、もう使わなくっていた2012年モデルのNEXUS7(タブレット機ね)も両親に押し付けてきた。

母親が1ヶ月程前に携帯電話をスマホに替えたらしく、まだ使い方がさっぱり分からんと言っていたので、それはちょうど良いと、スマホとタブレット…つかAndroidの基本的な使い方やら、インストールしておいた方がいいアプリなんかのアレやコレやを教えあげた。

そこでちょっと戸惑うのが、両親が鯨田さんに大して『なんかちょっと電脳系に詳しい人』…みたいなイメージを持っていること。

極々初歩的、簡単なことを教えているにも関わらず、『流石!』だの『色々知っててすごい』だの言われたりする。

そりゃ、両親位の世代の人の平均から比べれば、多少はスマホなどのガジェットにも触れる機会が多いし、詳しいとは思うが、ぶっちゃけ同年代の人らと比べたら、どっちかっつーとあんま知らないほうなわけで…。

それをやたらと褒められると、正直微妙な気分になる…。

…でも、普段人から褒められる事がないので、例えそれが見当違いであっても、褒められるとちょっと嬉しいような気分にもなる!!


タグ:   佳住ころな   天原あきは
2014.08.12(Tue) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top

コメント

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する