完全妄想系超内向性ブログッ!!

   

コミック誌のミライ

2014年04月15日

14-04-15.jpg
↑超読みたい。



鯨田さんが前々から疑問に思っていた事として『何故マンガ雑誌の電子書籍化が進まないのか?』…と言うことがある。

月刊誌で販売しているのは何誌かあるが、週刊マンガ雑誌はまるでみかけない。

週刊誌と電子書籍って結構親和性高いと思うんだけどね。通勤時間の暇つぶし的な意味で。

雑誌を電子書籍でいつまでも所有されると、単行本が売れなくなっちゃうかもしれないけど、読める期間を1ヶ月くらいに限定すればいい話だし。

期間制限がつく分、値段も100円とか安くすれば、そっちんがお得だと思って買う人もそれなりにいるんじゃないかな…と。

100円安くなったところで、問屋や書店で中抜き(言葉が悪い)される分と大体同じだし(70%位が出版社の取り分らしい)印刷代なんかも考えると出版社の取り分は結果的に増えるし、諸々の手間隙にかかる人件費も電子書籍のほうが少なそうだし(想像)、いいことずくめじゃない!?

これビジネスチャンスじゃね!?

この仕組み特許とる?特許とっちゃう!?

…なんて思っていたのだが、そう簡単な話でもないらしい。

調べてみると、雑誌の収入ってのは雑誌そのもののお値段よりも、掲載されている広告料によるところが大きいんだそうな。

じゃあ、電子書籍にも同じ様に広告載せれば良いだけのように思えるが、なんでも雑誌の裏表紙に載ってる広告ってのが、広告費の全体的中でもかなりの比率を占めてるんだとか。

買った人だけでなく、電車なんかで読む時に向かいにある人の目にも止まるからなんだって。購入者を広告塔替わりに使ってる訳だ。

なるほど!!確かにスマホで雑誌に広告を載せたところで、それは購入者しか見ることはないもんね。それでは高い広告費をとることは出来ない!!

鯨田さんの考えは、浅はかだった!!

そうなると、やっぱ雑誌の電子書籍化はむずかしいかぁ…と諦めていたのたが…。

こんなスマートデバイス用アプリかあった⇒『週刊Dモーニング』。

モーニングと言えば鯨田さんが今唯一購入している雑誌!

その内容としては1ヶ月500円の会員登録でで毎週最新号が紙の雑誌と同じ発売日に配信されるというもの!!(つか、0時配信開始なので紙の雑誌よりも早く手に入る!)

500円/月という金額は、毎週紙の雑誌を買うより、1ヶ月1000円位安上がり!!(一月四回発売として)鯨田さんが弱気で設定した『一冊当たり100円引き』より断然安い!!

さらにさらに内容は紙の雑誌と同じな上に、『Dモーニング』のみで掲載されている漫画もあるというサービスっぷり!!広告もない!!

そして何より魅力的なのが、買った本が手元に残らない点!!(有料登録期間のバックナンバーは何度でもダウンロードできる)

雑誌買うので何が嫌かっつったら、捨てるのが面倒臭いってことにつきるからね!!

ままま…まさに理想的なアプリやで!!!

存在を知ってすぐに有料会員登録した鯨田さんは、快適なモーニングライフを送っている。

他社の他雑誌も是非この仕組みに便乗して欲しい!!!




…って、何この褒め方、気持ち悪い!!!

こここ…これは、ステマ!ステルスマーケティングじゃないか!!

講談社さん!全く読者がいないブログで勝手にステマしておきましたよ!!

お金ください!!



タグ:   ニジクジキャラクター
2014.04.15(Tue) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top

コメント

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する