完全妄想系超内向性ブログッ!!

   

イージーミス

2008年11月30日

nikkimanga08-11-30.gif

エアコンつけてからシャワー使って、上がってきたら部屋が極寒の地になっていた。
タグ:   井出めいこ
2008.11.30(Sun) 10:07 l 日記漫画 l コメント (7) l top
hinata_fire01.jpg


…め、面倒臭かった~…。

ひなたより炎の方に時間かかったヨ…。

炎が上手く描けてるかは甚だ疑問ですが、鯨田さん的には結構気に入ってます。

ただ、炎の量がもっと多い方がいいな…とは思いますが、これ以上増やすと完成を放棄する可能性が大なのでまあ、良しとしましょう。



hinata_fire02.jpg

…アレ!?切り抜いた方が良く見えるよっ!?

………絵って難しいですね…。
タグ:   若葉ひなた
2008.11.28(Fri) 02:50 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (4) l top
sheryl_ranka.jpg


皆はランカ派?シェリル派?

俺シェリル派!!

嘘!本当はクラン派!!!



鯨田さんは最近やっとマクロスF観ました。

つか、一日で全部観たよっ!!つ…疲れた…。

大変おもしろかったので、勢いでイラストも描いたーぜー。

でも、めっちゃ時間かかった!つか、描いてる時間よりダラダラしてる時間の方が長いのよね…。

あと、ランカが似ません。

俺、何かランカに対して根本的な勘違いをしてるのだろうか?キラッ☆

2008.11.27(Thu) 02:50 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (2) l top
nanael08-11-22s.jpg
↑クリックでちょっと大きくなるますですヨ。


か…買ってしまった…。

クイーンズブレイド ナナエルのフィギュアを買ってしまった~ぜ~。

知ってる人は知っていて、知らない人は知らないと思うが、このフィギュアは服が剥けるぜ!!

パンツ一丁でおっぱいポロリ~ン状態にキャストオフッ!!!

まいっち~んぐっ!!!!

フィギュアのレビューサイトで見て憧れていた3Dおっぱいが遂に俺の手にっ!!!!

ち、ち、ち…乳繰るぜぇーっ!!!!!

…と買った時はハイテンションだったが、いざ剥いてみると以外に落ち着いた自分がいた。

案外、憧れてるものは追いかけているときが一番楽しくて、手に入れてしまうとそれは途端に色あせてしまうものなのかもしれないな(遠い目をしながら渋い声で)。

…ふぅ…。



…まあ、なんやかんや言いつつ堪能はしましたが。



そして次の狙いはコレだっ!!!(18禁だぞ?)

原作は全く知らないがちょー欲しーっ!!

2008.11.24(Mon) 00:37 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (4) l top

途中で…

2008年11月22日

nanael_shitagaki.gif

途中絵で更新…。

今から仕事、家帰ってから塗るよ…。

2008.11.22(Sat) 10:03 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top
nikkimanga08-11-20.gif
↑あぁ~もぅ~~っ!!!…って感じの出来になっちゃった…。ネタ的にも絵的にも…。
めっちゃ時間かかったのに…。
あぁ~もぅ~~っ!!
でも、ラスコマのころなはすげーかわいい。




「あっぶねっ!!忘れる所だった!!!」

…って思い出しておいて忘れる…なんてことありませんか?

俺は結構よくある。自分の脳に絶望する瞬間ですよ…。
タグ:   佳住ころな
2008.11.20(Thu) 01:14 l 日記漫画 l コメント (4) l top

生まれて初めての…

2008年11月17日

kimura-neko_coat2.jpg
↑クリックでちょっと大きくなるヨ
ウシハシル。さんとomega.epさんのキャラを許可なしで描いちゃいました。スイマセン!
しかも、ちょこちょこ間違い付きで(尻尾やらホルスターやら)!ススス…スイマセン!!!
あと、銃は完全に適当に描きました。スススススス…スイマセンッ!!!



昨日『コミティア』という同人誌即売会に行ってきたよ。

何気にそういうイベントに行くのは初めてだったりする。

お目当てはサークル参加している『ウシハシル。』さんと『omega.ep』さんの同人誌だ~ぜ~!!

「普段日曜には仕事なんだけど、昨日は何故か休みで、しかもその日に2人が参加してるイベントがあるなんて、これは何かの縁だなっ!」なんて思ったので、休みの日に外出なんてしない鯨田さんも重い腰を上げたのだっ!!!!

一回同人誌即売会ってやつも行ってみたかったし!

…とか言いながら出かける直前まで、本当に行くか行くまいか、迷いまくってた!

行ってみたくはあるけど、やっぱ面倒くせぇなぁ…とか思って…(コラッ!!)。

でも、まあ今回を逃すと次いつチャンスがあるか分からんので頑張った…俺頑張ったよっ!!!

途中雨が降ってたり、pasmoのチャージが切れてたり、ビッグサイトに人がいっぱいいたりで何度か『やっぱりお家に帰ゆ~!!』なんて思ったりもしたけど、なんとかかんとか会場に到着~。

とりあえずお目当て2人に挨拶&本をゲットだ~ぜ~!!!!!

と思ったけど、話しかけるのにビビッて、あたりを30分くらいうろちょろうろちょろ。

く、くそっ!初対面の人に話しかけるなんて俺にはハードルが高すぎるぜっ!!!

ここでまた『帰ろう…。』などと思う鯨田さん。

でも、そうするとカタログ代+往復の交通費の2千円オーバーをドブに捨てるようなものっ!!!

金に汚い俺にはこれは我慢できんっ!!!

ええいっ!!ままよっ!!と腹を括って話しかけると……………。

お2人とも、事前に行く事を告知せずに突然知り合いを装ってやって来た不審者に対して、親切な対応をしてくださいました。

悩んだ30分があほみたいだぜっ!!

短い時間でしたがお2人と話せて楽しかったです。



…さて、目的も果たしたところで、あとはゆっくり他のサークルでも見ようか…、と思ったときに鯨田さんふと気付いた。

同人誌購入資金として金をおろして来ていたのだけど…万札でおろしてたのよね。

こーゆーイベントって小銭のつり銭の用意はあるだろうけど、札の釣りってないんじゃなかろうか…?

自分の初歩的なミステイクに絶望した鯨田さんはダッシュで会場を後にしたっ!!!そう、ダッシュで!!!

2008.11.17(Mon) 07:34 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (7) l top
nikkimanga08-11-14_20081115010146.gif


自分で握ったおにぎりを美味いと思ったためしがない。

握り方が悪いのかしらん?

どうでもいいけど、おにぎりネタって前にもやったよね…。

…ネタ切れっ!?
タグ:   井出めいこ
2008.11.15(Sat) 01:10 l 日記漫画 l コメント (5) l top

3人の内の1人

2008年11月13日

08-11-12.jpg
ああっ!!ムネがペタンコだっ!!!しくったっ!!


買いました。田中久仁彦画集【龍骨】。

税込6千円!!

たたた…高いっ!!!

…まあ、でも…買うよ…、てか買ったって言ったよ。

田中久仁彦は、「俺が莫大な影響を受けた絵描き3人」の内の1人ですからね!!

全然そうは見えない?…まあ、誰に影響受けたなんかは言ったもん勝ちですから!

画集に載ってる大好きだった頃の(いらん事言わいでええねん)田中久仁彦の絵を見てたら、当時の絵に対する情熱が蘇ってきたりこなかったり…。

せめて『作品』って呼べるものを作りたいな…と思った。絵にしろ漫画にしろ…。


2008.11.13(Thu) 00:43 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (4) l top
08-11-11.jpg


休止前の俺はどうやって、あのペースで更新できていたのだろうか?

ペースダウンにも程がある…。

あと、『アイアンマン』見に行こうと思ったら、いつも行く映画館ではもう終わってた。

ガーンッ!!腰を上げるのが遅すぎたっ!!

…代わりに『イーグルアイ』でも見に行こうかしら?

タグ:   佳住ころな
2008.11.11(Tue) 03:30 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (3) l top
nikkimanga08-11-08.gif



こういう状況で自分が好きなものを注文できる人間になりたいっ!!!

いや、漫画では頼んでますがね?実際はとてもできんよ。

俺以外の奴らがお薦め品以外を頼んでたらなおさらね~。
タグ:   佳住ころな   井出めいこ   天原あきは
2008.11.08(Sat) 22:00 l 日記漫画 l コメント (4) l top

今衝撃のっ!!!

2008年11月06日


corona08-11-06.gif
↑死ぬほど手抜きですまぬ




【前回のあらすじ】


更新明け第一回。
鯨田は休止中に作成していたホームページを発表するといいながら、
構想段階のメモを発表するという暴挙に出た。
一ヶ月のも休止期間にも関わらず、その間になした事がこれだけでは、
あまりに不甲斐ないと詰め寄るめいこたちに鯨田が発した言葉は…。
次なる展開に全人類が刮目する中、そのあまりの衝撃にラッセンは座り小便を漏らし、
鯨田とひなたは結婚した。






あきは混ざってる混ざってる。前回の記事とHP妄想構想メモが混ざってるよ。」

めいこ「しかし、11月1日で更新再開しときながら、いきなり5日更新なしかよ。
あんま再開した感がないんだけど。」

鯨田 俺はこの更新休止期間中に得た物がある!」

めいこ「あたしが振った話、無視かよっ!?」

鯨田 「無視してないって。これからその話するって。
話の出鼻をくじくなよ。」

めいこ「そ…そうか…。ならいいんだが…。」

鯨田 俺はこの更新休止期間中に得た物がある!」

ころな「言い直した!?」

鯨田 「いや、勢いつけて言ったほうがインパクトつくからさ。
こう、最初からダ~ッ!!とね、行きたいのよ。だから、邪魔しないでくれる?」

ころな「あ、す…すいません…。」

鯨田 俺はこの更新休止期間中に得た物がある!」

あきは「得たと言えばさ…。
昨日学校行く途中に財布を拾ったんだけどね。中身見てみたらすでに空っぽなわけ。
これ、交番に届けたらボクが抜いたんじゃないかって不当な疑いをかけられて不愉快な思いをするな…って思ったし、なにより財布交番に届けるなんて面倒くさかったから、そっと落ちてた場所に財布を戻したんだ。」

鯨田 「えっ!?何の話っ!?今する必要あるっ!?」

あきは「どうしても、今話たくなっちゃって…。」

鯨田 「絶対水差したかっただけだろっ!?」

あきは「いや、ごめんごめん。もう邪魔しないから、続けて続けて。」

鯨田 「もう絶対に邪魔するなよ…。
俺はこの更新休止期間中に得た物がある!」

あきは「でも、今考えたら小銭入れをチェックするのを忘れてたん…」

鯨田 「うおおぉいっ!?絶対に邪魔するなって言ったべ!?」

あきは「あ、『絶対に押すな』的なノリじゃなかったの?」

鯨田 「違うわっ!!」

あきは「あはは、勘違いしちゃったよ。
じゃあ今度こそ、やっちゃってやっちゃって!」

鯨田 俺はこの更新休止期間中に得t…」

めいこもう、いいって!!
同じくだり何回繰り返すんだよっ!?」

鯨田 「だって、あきは達が邪魔すっから…。」

めいこ「絶対お前も、同じの何回も繰り返すの面白がってただろっ!?」

鯨田 「えへへ…。」

めいこ「そら、見ろっ!!
いいから、何を更新休止期間中に得たのか言えよっ!!」

鯨田 「ノリの悪いヤツだなぁ…。」

あきは「ねえ?」

めいこ「いいからっ!!」

鯨田 「じゃあ…。
………つか、なんか凄い言い辛い雰囲気になっちゃったな。何言っても『何それ?』って思われそうな…。」

めいこ「まだひっぱんのかよ?本題入る前にどんだけかかんだよ!?
こんだけ引っ張って気持ちもたせたら、たいがいの事はそう思われるわっ!!自業自得だろ!」

鯨田 「え~、俺が休止期間中に得たものは…。
何か作業をしている時でも、気になった事が出来たらやっている作業を即刻作業を打ち切り、気になった事へ行動をシフトするフットワークの身軽さと、更新を長期間停滞させても焦らない心の強さだっ!!!」

あきは「はい、スベった~。」

鯨田 「べ…別におもろいこと言おうとしたわけじゃないからっ!!
まあ、休止中にこのフットワーク軽さと気持ちの強さを得た事で、俺は人間として一回りも二回りも成長しちまったってわけさ。」

めいこ「…え~と、つまり成長した結果、ブログ再開したにも拘らず5日間も放置したわけ?それが冒頭のあたしの質問の答えって事?」

鯨田 「そうなる。」

めいこ「うおおぉいっ!!答えが出るまでが長いよっ!そして下らないよっ!!」

鯨田 「休止中に人間的には成長したが、文章をまとめる力と面白いことをいう力に関しては成長させることができなかったな
まあ、いくらなんでも一ヶ月そこらでの休止で、そんなに成長を使用ってのは高望みがすぎるか…。」

めいこ「いやいやいや。つーか、お前全く成長なんてしてないぞ?」

鯨田 「お前は人の話を聞いてないと見える。
言っただろうが、フットワークの軽さと気持ちの強さを得た…と!これが成長と言わず何と言おうか!?」

めいこ「あたしなら退化と言うな。」

鯨田 「何っ!?」

めいこ「お前は得た得たっつってるけど、そら得たんじゃなくて失ったんだろうがよっ!!
一つの作業に没頭する集中力と、頻繁なブログ更新に対する情熱をよぉっ!!」

鯨田 「事実を過度に曲解して不当に俺を陥れるのは止めていただきたい!!」

めいこ「事実を曲解してるのはお前だろうがっ!!!
自分の都合の良い風に解釈しやがって!ブログ更新再開後いきなりサボりまくってる結果を見れば、貴様は退化したと見るのが必定っ!!」

鯨田 「ブログ更新してないことは認めざるを得ないが、だからといって何の作業もしていないと思われるの遺憾の極み。」

めいこ「ほう?」

ころな「あ、HPの事ですか?」

鯨田 「いや、それには全く手をつけてないけど…。」

めいこ「どうなりたいんだよ、お前?」

あきは「あと、ここで前回のラストと繋がってくるんじゃない?
めいこちゃんの『休止期間中に何かやったのかよ』という問いに対して、なにか仄めかす様な感じだったよね?」

めいこここからやっと本題かよ…長かったな。
んで?じゃあ、お前は何をやってたのよ?」

鯨田 「まあ、結局ブログ、HPの事になるんだけど、新しい企画を始めようと思ってな。
とかくダラダラとしがちな、ウチのブログの記事を整理するためにも必要な事だと思う。」

あきは「ダラダラの自覚はあるんだ…。」

鯨田 この記事もダラダラしてるしなっ!!

めいこ「じゃあ、まず今回をなんとかしろよ…。」

鯨田 「それはともかくっ!!」

めいこ「………………。」

鯨田 「新企画は4つ!!!!
まずは『俺こんなシチュにめっちゃときめくねん!コーナー(仮)』!!!!そして、『映画とか本とか色々レビュー!コーナー!!(仮)』3つめの企画は『漫画(仮)』!!!そして…最後の4つ目の企画…それは…『漫画(仮)』!!!」

ころな「あ、あれ?3つめと4つめが『漫画』で同じような気が…?」

鯨田 「お前がそんな気がしてるだけだ!!」

ころな「なんだ。そっかぁ…。」

めいこ「いやいやいやいや。同じ事言っとるよ…。」

鯨田 「中身が違うのだよ中身が。」

めいこ「じゃあ、さっさとその中身を説明しろよ。」

鯨田 「は~い。
まずは一個目ね。『俺こんなシチュにめっちゃときめくねん!コーナー(仮)』だ!
このタイトルを聞いただけでは、ちょっと内容が想像しづらいかな?」

ころな「う~ん。確かに…。
…おいしいお料理を出してくれるお店を紹介するコーナーですか?」

めいこ「いやいやいやいや。まんまだろ。
要は鯨田が萌えるような、女の子とのシチュエーションを欲望の赴くままにぶちまけるわけだろ?」

鯨田 「何と当たりだっ!!」

ころな「え!?めいこさん凄い!!!」

めいこ「いやいやいやいや。」

鯨田 「ちょっと萌えるシチュエーションだけ切り取って漫画にして、それに対して俺らがあ~だこ~だと言うってコーナーさ。」

めいこ「それ面白いの?」

鯨田 「そりゃ、面白いさ!!!だって俺らが抱腹絶倒の漫才会話で萌え萌えシチュエーションを語るんだからなっ!!」

めいこ「何なの?この自信?」

あきは「それよりこれも漫画だったら3つ目、4つ目のコーナーと変わらないんじゃないの?」

鯨田 「漫画部分は飽くまで要素の一つだから!他のコーナーと差別化は出来とるよっ!!
そんじゃふたちゅめ~!!!レビューのコーナー!!!」

めいこ「レビューの類が割拠するネット業界に今さらお前が参入した所で何になるのよ?」

鯨田 「そこは俺が持つ唯一のスキルを用いる事で、他の人らがやってるレビューとは一線を画すぜっ!!」

めいこ「唯一のスキルって…まさか……。」

鯨田 漫画だ!!!」

めいこ「また漫画かーっ!!それじゃあ新企画4つとも全部漫画じゃないか!?全部同じじゃないか!?」

鯨田 「続いて3っつ目と4っつ目~!!」

めいこ「しかとされた。」

あきは「鯨田君は今物凄い勢いで記事描くのに飽きてきてるんだよ。
さっさと終わらせたくて巻きにかかってるんだね。」

ころな「そ、そんな裏事情をここで…。」

鯨田 「3つめはショートストーリーの漫画で4つ目は続きものの漫画。
以上!説明終わり!!!」

めいこ「ほんとにさっさと終わらせたいんだな…。
珍しく完結に説明しやがった。内容がなんら伝わってこないが…。」

鯨田 「ええ~内容ぅ~?じゃあ、ちょっとだけ…。
続き物はめいこが主役のストーリーもの~。」

めいこ「え!?あ、あたし!?」

鯨田 「コミカル路線だけじゃなくて、シリアス…シリアスって程じゃないけど、まあストーリーものも俺好きだぜ?って言うのを見せるための企画だ~!!」

めいこ「あたしが主人公の理由の説明はなしなのっ!?」

鯨田 「もぉ~いいじゃん~!さっさと終わらせたいの~俺は~!!!!
つか、いま読み返したら全然面白くないからこの記事公開したくないけど、書き直すのはもっと嫌だから破棄したくても破棄できない…そんな俺の気持ちが解らんのか!?バカヤローッ!!!!」

めいこ「し、知らんわっ!!」

あきは「っていうか、こんな大風呂敷広げて大丈夫なの?…ってか絶対大丈夫じゃないよね?
出来もしない事を『俺こんなに面白いことやるつもりで~っす』とか発表するのって凄い寒いと思うんだけど…。
てか、今ハンパなくサブイよ?」

めいこ「なに、そのための一ヶ月休止しかり、再開後の更新停滞だろ?
HP作成が構想のみで終わったのも、これらの企画の下準備に追われていたからだろうよ。
この記事で発表した後には、ポンポンポ~ンと企画開始してくれるさ。」

あきは「鯨田君に限ってそんな事あるわけないじゃん。
主役抜擢で目がくもってるね、めいこちゃん。」

めいこ「そ、そ、そ…そんな事ないわい!
なあ、鯨田っ!?明日からの記事で今回発表の企画が続々とスタートするんだよなっ!?」

鯨田 「え、何が?

めいこ「…………………っ!?」

あきは「ほら。」

めいこ「じゃあ、いつ始まんのよ、この企画達はっ!?」

鯨田 「さあ…?
何せまだ構想段階ですから…。」

めいこ「お前、そればっかじゃないかーっ!!
じゃあ、なにか?本当に一ヶ月の休止期間中ず~っとHP、新企画ともに構想してただけ!?」

鯨田 構想してただけっ!!

めいこ「元気良く言うなっ!!
一ヶ月もの期間があって何も結果を残さないとは…あ、頭が痛い…。」

あきは「前回と今回の記事をまとめると…。
休みの期間を利用して何かやろうとしたけど、思っただけで何も手をつけず仕舞い。
挙句、だらけ癖がついて、日毎の更新もままならなくなった
…と…。」

鯨田 的確っ!!

めいこ「たった3行ですむことをダラダラと…。」

鯨田 「それが『ニジクジッ!!』でしょっ!?」

めいこ「自分の腕のなさのグダグダ感をあたかも『スタイルでやってます』みたいな誤魔化しもいいかげんにしろよ?
ほんと、お客さん離れるぞ?」

鯨田 「そ、そんなこと言っても…俺これしかできねぇんだもん~。うわぁ~~~ん!」

めいこ「な、泣くな泣くな!!!」

あきは「最近鯨田君のキャラが現実の鯨田君より、イラストで描かれてる鯨のほうの鯨田君によりすぎてる気がするなぁ…。」

ころな「かわいくて良いと思うどね~。」

あきは現実とのイメージが離れすぎるのもネ。
まあ、それはさておき…『ニジクジッ!!』のスタイルとやらで例によって本格的にグダグダになってきたから、そろそろ終りにするね。」

めいこ「新企画はまだまだ構想段階らしいから開始はそうとう先になりそうだな。
しばらくは前のにじくじと同じ感じでやっていくことになるだろうな。」

あきは「しかもだらけ癖ついてるから、休止前とくらべて更新ペースは落ちることになるだろうね。
さらに、新企画も本当に始まるのやら…?

ころな「く、暗いです!もっと先行き明るい感じで行きましょうよ~!」

あきは「それはしかたないよ、だってこれが…」

めいこあきは『ニジクジッ!!』スタイルッ!!

ころな「変なイメージがつく~!!」



タグ:   佳住ころな
2008.11.06(Thu) 09:13 l 通常版にじくじ l コメント (4) l top
blog-chara2.gif


鯨田 「ふふふ…。帰ってきたぜ野郎ども!
ブログタイトルを『2次元美少女は電気鯨の夢を見るか?』から『ニジクジッ!!』に変えて、今日から更新再開だぜっ!!』

ころな「わーいっ!!パチパチパチ!」

めいこ「結局一ヶ月以上休んだな。」

あきは「あ、ブログのレイアウトも微妙に変えてるね。」

ころな「でもでも、なんでブログのタイトル変えちゃったんですか?」

鯨田 「ふふふ…よくぞ聞いてくれた!!
何を隠そう『2次元美少女は電気鯨の夢を見るか?』というタイトルは、ホームページの方に譲ろうと思ってな。」

ころな「ほ…ほぉむぺぇじっ!?
そんなのいつできたんですかっ!?」

あきは「あ、もしかして、今回の更新休止ってHP作成のためにとったの?」

鯨田 「ふふ…まあ、そういう側面もないではない。」

めいこ「ふぅ~ん。そんな事してたのか、ただダラダラしたかったって訳じゃないんだな。
ちょっと、お前の事見直したぜ。やるじゃん。」

ころな「さすが鯨田さんですっ!!」

鯨田 「大いに見直していただいて結構。賛辞は受け入れるに吝かではない。」

あきは「褒めるのはまだ早いんじゃない?肝心のサイトを見ないことには…。
で?どこからいけるの?リンク貼ってよ。」

鯨田 え?何が?

めいこ「いやいやいやいやいや、何がじゃなくて…。
作ったHPを見せて見ろっての。」

鯨田 「そら、無理よ。だって、まだ出来てないもの。」

ころなめいこあきはええぇぇぇぇ~~~~~~………!?

鯨田 「おい、どうした?なんか一気に俺を褒める感がなくなっちゃったじゃないか。」

あきは「それはそうでしょ。」

めいこ「むしろ褒めた言葉を返せって感じだよ。
え?なんでHP作ったとか、嘘ついたん?」

鯨田 「嘘なんてついてねーべ!
俺の方からHPが完成してることを匂わせる事言ってねーもん!」

めいこ「完成を前提にした、あたしらの賞賛を否定もせずに受け入れてたじゃんかっ!」

鯨田 勘違いされてると分かっていても褒められるのは悪い気分じゃない。」

あきは「普通だったら居心地悪いと思うけどなぁ…。」

鯨田 「ほら、俺そういうことでもないと褒められる事なんてないし。」

ころな「…それって悲しいです…。」

めいこ「一ヶ月も休んでHP一つ作れないなんて…。まあ、所詮は鯨田ってところか…。」

鯨田 「いきなり酷い言われよう…。手のひら返しすぎだろ。
一ヶ月でHP作ったと勘違いしてた時は褒めてたくせに、ただ出来てないってだけでその落差かよ…。」

めいこ「う…。
ま、まあ…確かに言いすぎたかもな…。実際HP作んのとかどんだけ時間かかるのか分かんないしな…。」

鯨田 「凝ったの作ろうとしなければさして、時間もかからんとは思うが、やっぱり作るからにはそれなりに見映えのするもの作りたいしな。
しかも、慣れない作業だし一ヶ月では作りきらんかったのよ。」

あきは「いきなり完璧にして出そうとしなくてもいいんじゃない?
初めて作ったHPなんだし、とりあえず公開してから徐々にパワーアップさせていくって、手もあるよ?
完成してなくても全然作ってないわけじゃないでしょ?」

鯨田 「うむ。
まあ、ある程度形にはしている。」

めいこ「あ、そうなんだ。ならケチケチしないで見せろよ。」

鯨田 「でもなぁ…見せていい完成度じゃないからなぁ…。」

ころな「初めてなんですからそれは当然ですよ!これから立派にしていけばいいんですよっ!!」

鯨田 「ふむ。それもそうかもなぁ…。
HP作成初心者の成長を見てもらうみたいな感じで企画っぽく展開も出来るし、意見とかもらってそれを取り入れて作り上げていくのも面白いか。」

あきは「そうそう!」

鯨田 「じゃあ、とりあえず見てもらおうかな~。
まだ完成はしてないけど…

これが俺が作ったHPだ~っ!!!!!」





↓ここから入れます。
2次元美少女は電気鯨の夢をみるか?





















ころな「……………………………………。」

あきは「……………………………………。」

めいこ「……………………………………。
ん?え?何、これ?」

鯨田 「いや、だからHP。ここまで作業しました。」

めいこ「HPっつーか…画像じゃん。これただのメモじゃないの?」

鯨田 メモだが?

めいこ「いやいやいやいや!!!
メモはHPじゃねぇからっ!!なによっ!?もう、HP作ってるのがまるっきし嘘かっ!?『お前さっきある程度形にしてる』って言ってたろうがよっ!!!」

鯨田 「だから、形にしてるじゃねぇかっ!!こんなん作りたいなぁ…という曖昧模糊とした構想を、メモという形に表れるものとして書き記してるんだからっ!!
こういった作業も含めてHP作成じゃ!人を嘘つき呼ばわりすんな、ボケッ!!」

めいこ「そういうのは、形にするとは言わんわいっ!!
メモは飽くまで構想だろうがっ!そのメモに基づいてする実作業が『形にする』ってことだよっ!!!
お前がやってんのは、HP作成の前段階に過ぎんわっ!!!HP作成なんて言葉はせめてHTMLに触れてから言えっ!!」

鯨田 「馬っ鹿っ!!超触れてるっつーのっ!!!
なんせ、勉強するためにHTMLの本買ったもんねーっ!!」

あきは「………………読んだの?」

鯨田 買った本を袋から出すという行為でさえ、いまだ果たせずにいる。パソコンずぶの素人の俺にはいささかハードルが高すぎたようだ。」

ころな「…もう、パソコン関係なくないですか?」

めいこ「あと、HP紹介とか言われてメモ出された衝撃でサラリと流す所だったけど、このメモの内容めちゃくちゃだなっ!!
なんだ、『ラッセンが座りションベンもらすほど美麗なイラスト』とか、『全人類を抱腹絶倒させる面白企画』とか荒唐無稽にも程があるだろ。」

鯨田 「まあ、飽くまで構想段階ですから。これが全部実現するとか思ってもらうと俺も流石に困る。」

めいこ「思うかっ!!!ここに書いてあることどれ一つとして実現せんわっ!!」

鯨田 『俺とひなたが結婚する』は実現するわっ!!」

めいこ「……………………………………………………………。
…あ、ああ…そうなの?…うん、そうだといいね。」

ころな「ががが~~~~ん!!!そ、そんなぁ~…。」

あきは「記事が収拾つかないほうへとひた走ってる感が物凄くするね。再開一回目から。」

めいこ「なんか、もう疲れてきたけど、やっぱ気になるから一応突っ込んどくけどさ…。…っていうか、これがHP見せるって言われてメモ見せられたことより、その内容が破天荒極まることより、まず皆が思った事だと思うけど…。
めっちゃ汚いなっ!!!何だよ、この汚れっ!?」

鯨田 「やる事なす事すべてミスのない俺でも、たまにはコーラをこぼすこともある。」

あきは「矛盾したことをサラリと言うなあ…。」

めいこ「うん、まあコーラこぼすのはいいんだけど…。
なんでそれをそのまま使うん?載せるんなら新しいのに書き直せばいいじゃん?」

鯨田 ありのままの自分を見てもらいたかった。ただそれだけだ。」

めいこ「隠せ隠せ!なんか良い風に言うな!
ありのままのお前って…、コーラとかこぼすだらしない男ってのを見せたいわけ?」

鯨田 「違うな。
コーラとかこぼしても気にしない器の大きいところを見せたかったのさ。」

めいこ「だから良い風に言うなって!!」

あきは「結果面倒臭かっただけでしょ?」

鯨田 「当たり。」

めいこ「休み挟んでもなにも変わらねぇな、お前は。」

鯨田 「まあ、このメモの状態から出来上がっていくHPの成長過程を見てやってよ。」

めいこ「よくもまぁ、ぬけぬけと…。
一ヶ月休んでHP作れなかったのはまあ、いいとして…。それじゃあ、お前はこのブログ休止中にちょっとでも何かしたのかよ?」

鯨田 「ふふふ…それはな…。」

あきは「それは?」

鯨田 次回に続く!」

ころな「あらら。」



再開していきなり訳の分からない記事ですまないっ!!
タグ:   佳住ころな   井出めいこ   天原あきは
2008.11.01(Sat) 09:40 l 通常版にじくじ l コメント (6) l top