完全妄想系超内向性ブログッ!!

   
デフォルメひなた
↑影なし。髪にハイライトは入れるべきだったなー。


オリンピックがある年。人々の熱狂が時の流れを歪め、2月が一日伸びると言う…。

つうわけで、今日で2月も終わりだね。1年の6分の1が終わり。

くわぁぁっ!!!今年も何もなしてねぇっ!!!!!!

この調子で残りも過ぎていったりして…。

笑えネェっ!!

あきは「あれれ?鯨田君、2月中にはテーマイラスト『2008』を発表するって言ってなかったけ?」

ぬおっ!?いきなり出てきて何を言うー!?

もう、誰も覚えちゃいないよっ!!そんな事!!

…じゃあ、びっくりさせちゃおうかなー?

期限過ぎてから全く手をつけてないんだ!!はおぅっ!!

緊張が途切れると、やらなくなるねー。

…でもでも、絶対いつか完成はさせるつもりだぜ!?

…って、誰も期待してませんか?

やった!!のんびりやれるぜ!

あ、3月のTOP絵どうしようっ!?まだ何も手をつけてねぇっ!!

あと、11時間しかネェっ!!あ~、どうしよう!?

…よしっ、今からアキバに行ってくる!!

メロン限定販売の『美少女船隊ペタリコン』の同人誌が気になるんだっ!?

え?TOP絵?

何とかなるんじゃん?

じゃあ、いってきま~っすっ!!

2008.02.29(Fri) 12:55 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (4) l top

女王門

2008年02月28日

いろは
↑足の爪塗んの忘れた…。



『クイーンズゲート』シリーズに、いろはが登場!!

まじかっ!?

くぁっ!!すげぇっ!!

侍魂から参戦っ!!業界が同人化してるなっ!!良くも悪くもっ!!

だが、これはかなり楽しみだぜっ!!

いろはの公式エロイラストっ!!胸躍るぜっ!!

しかも絵師が唯々たすくっ!!

…いや、それは微妙だな…。

いや、好きだけどねっ!?CG集も持ってるしっ!!

でも、おれはぶっちゃけアニメ(セル)塗りが好きなんだっ!!そういう絵描きに描いてもらいたかったぜっ!!

まあ、それはいい。ところでいつ発売だっ!?

4月18日っ!?

遠いっ!!遠すぎるぜっ!!待ちきれねえっ!!

つぅわけでこの前出た『クイーンズブレイド』ユーミルを買っちまったっ!!

くわわっ!!エロいっ!!エロスッ!!

紐パンロリータめっ!!俺をどうするつもりだっ!?俺にその紐をどうして欲しいんだっ!?

…くそぉ…、『クイーンズブレイド』関連は俺からしこたま搾り取ろうとしやがる!!

金を…そしてザ(規制)をっ!!

ところで何冊か『クイーンズブレイド』シリーズは持ってるけど、実はいままで一回も使ったがないっ!!

だから、一回くらいは使ってみたいんだっ!!

あっ!!この流れだと誤解を与えてしまうっ!!

ゲームブックとして使いたいって言ってるんだぜ!?

エロイラスト集としてはもう使っ…(ry



まあ、そんなことはいいっ!!

ところで、今回のいろはイラストだが線画がかなり上手い事出来たので、ぶっちゃけ塗るのがもったいなかったっ!!

つーか、俺はやっぱりモノクロ絵師だなぁとか、思ったり思わなかったり…。

つか、思った。

せっかくなので載せてみる。

いろはペン入れ


どうだっ!?

…そうでもない?

なんてこったっ!!

…ベタくらい入れろ?

ペン入れ上手くいくとベタさえ入れたくねぇんだっ!!

分かるかいっ!?分かってくれよ、ブラザー!!

…あ、でも、尻から太ももにかけての線がダメだな…。

強弱のつけ方逆だな…。

描いてる時に気付けよっ、俺っ!!!

えぇい、もうついでだっ!!下書きとかも載せてみるっ!!

いろは下書き


視線の方向が違うっ!!んな事ぁどうでもいいっ!!

ペン入れ状態の方がいいっ!!

昔はペン入れると台無しになったもんだぜっ!!

ひそかに成長してるよ、俺っ!!自画自賛っ!!たまには、させれ~!!

…なに?そんなことより下書きが雑すぎるって?

何を言うー!この下書きはいつもより書き込んでるほうだぜっ!!

もっとラフラフしてる時もあるぜっ!!

自分でも何描いてるか分からなくて、ペン入れの時困るんだっ!!

最低でもこれくらいは描こう…って思った。



今回、記事下品でごめんなさい。

あと、ちょっとはっちゃけた喋り口にしてみてごめんなさい。

でも分かって欲しいんだっ!!これが鯨田スタイルッ!!

オワリッ!!

2008.02.28(Thu) 21:07 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (7) l top
メイドマロンちゃん
↑『気ままにね☆』のヒロさんの娘、まろんちゃんを描きました。許可は得た…と思う…。

リリィ「あれれ、どうしたの、まろん?メイド服なんて着ちゃって…。
…似合うじゃない!」

まろん「え~?似合いますかぁ~?
で・も!先輩が来たほうがもっと似合いますよ~!だから、先輩も一緒に着ましょう!さあっ!!」

リリィ「ま、また今度ね…。
で?どうしてそんなの着てるの?」

まろん「好きで着てるわけじゃないですよ!着させられたんです!!」

リリィ「?誰に…?」

まろん「それは…。」

鯨田 「まろんちゃ~~~~~んっ!!」

だきっ!!

まろん「ぎゃあああああっ!!!!
こいつですっ!!この野郎が私のメイド姿を描きやがったんです!
…って、いきなり出てきて抱きつくなっ!!!この海洋哺乳類がっ!!
あたしに抱きついていいのは、先輩だけなんだよっ!!」

リリィ「いや、抱きつかないし…。」

まろん「見てないで助けてくださいよ、せんぱいっ!!
つか、マジ離れろってぇ~!!」

リリィ「まあ、いいんじゃない?せっかく描いてもらったんだから、そのくらいサービスしてあげなよ。」

まろん「私は頼んでないですからっ!こいつが勝手に描いただけですから…
…って、胸を触るな!!いいかげんにしろー!!」



ころな「………!!あっ!!鯨田さんが女の子に抱きついてるっ!!
だーめー!!離れてくださいよっ!!
…っていうか、貴女だれなんですかっ!?そ、そ、そ、そんな格好して、鯨田さんを誘惑して!!」

まろん「誘惑してねえよっ!!この格好だって、この鯨が描いただけだしっ!!
私は被害者だってのっ!!いいからこいつを引き剥がせーーーっ!!」

ころな「はーなーれーてー!!」

まろん「痛ててててて…!!!私を!私を押すな~っ!!」

鯨田 「まろんちゃ~ん!!!ハァハァ…」

まろん「もう、いい加減にしろーっ!!」

リリィ「あはははは…。これはもう収拾つかないね…。
え~っと、これは私が絞めてもいいものなのかな?
それじゃ、第73回終わりだよ~っ!!」


※ヒロさんへ
キャラのイメージ崩れてたらごめんなさい。
つか勝手に、リリィちゃんとまろんちゃんを出しちゃって、すんません。
…怒らないでネ?

2008.02.26(Tue) 22:27 l 通常版にじくじ l コメント (6) l top
鯨田 「あなたは神を信じまーすぅかぁ?」

ころな「え、私ですか?
…そうですね…。やっぱりいると思います。
お空の上から私たちを見守ってくれてるんじゃないでしょうか?」

鯨田 「そうか。俺はいないと確信している。
そんなメルヘンな事言っちゃうような奴とは仲良くできる気がせんな。」

ころな「ふぇぇぇぇっ!?」

鯨田 「…ついこの前までの話だがな…。」

ころな「え…?」

めいこ「なんなの?この意味の分からない流れ…?」

鯨田 「俺は神の御技を目撃してしまったぜ。」

あきは「鯨田君までメルヘンな事言い出した…。」

鯨田 「そういうことはこれを見てから言ってもらおうか…。
これだっ!!」





























やますけさん制作アニメ


めいこあきは「おおおっ!!!??」

ころな「わぁっ!!
す、すごい!!私が踊ってます!!しかも滑らかっ!!」

鯨田 「ブログ『やますけの戯言』のやますけさんが作ってくれました!!
やますけさんホントにありがとうございます!!」

めいこ「これは、神呼ばわりする気持ちも分かるわぁ…。」

あきは「『神呼ばわり』ってすごい言葉だな…。」

鯨田 「『感動!!』の一言につきるよっ!!
シロートが作ったオリジナルキャラを時間と手間暇かけて動かしてくれるなんて…。
うぉ~ん、うぉ~ん!嬉しいよぉ~!!」

ころな「わ、私もかん…感動の…あま…り………うえぇ~ん。」

めいこ「な、泣くな泣くな!!意味が分らん!」

あきは「でも、鯨田君はキャラを描いてもらったらり、動かしてもらったり、いい事ありすぎだよね…。
…もうすぐ死ぬんじゃない?」

ころな「ええっ!?そんな事ないよぅ!!」

鯨田 「…自分でもそう思わんこともない…。
死ぬ前に神様がプレゼントしてくれてるんじゃないかって…。」

めいこ「神様って…褒め言葉のはずが、とんだ死神扱いになっちゃったよっ!!」

あきは「じゃあ、いつ死ぬか分からないんだから、今回の記事だけどもupしとかないと!!
せっかくのアニメを紹介できなくなっちゃう!!
ほら、急いで急いで!!」

鯨田 「お…おおぅ…。
それじゃ、第72回終わりっ!!」

ころなヨーコ

タグ:   佳住ころな
2008.02.25(Mon) 01:49 l 通常版にじくじ l コメント (6) l top
hinata3
↑10日ぶり位のひなた描き。ずいぶん間が空いてしまったぜ…。


映画化された『チーム・バチスタの奇跡』の原作本を読んだ。

ぶっちゃけ、ミステリ的観点からはそんなに面白くなかったけど(個人的にね)

キャラクタが魅力的過ぎた。

ああいう、インパクトのあるキャラを作りたいものだ。

いいキャラクターがいれば、それだけで物語に華ができる。

かつて、『少年ガ○ガン』に漫画を持ち込みに行った時、

『漫画はキャラクターが全部なんだよ。』

とぬかした編集者に、表面上は『あ~、なるほど~。参考になります。』的態度をとりつつ、

『うっせ、バーカ!死ね!お前死ね!!!お前みたいな編集者が漫画界をダメにしている!
あ~確かにお前んとこ、そんな感じな。「キャラだけ」みたいな感じだもんな。だからダメなんだよっ!!』

とか心の中で罵倒した鯨田さんも、今ではそう思います。

キャラが全部だとは毛ほども思いませんが…。
タグ:   若葉ひなた
2008.02.24(Sun) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (7) l top

脳内PV

2008年02月23日

花は桜 君は美し
↑歌詞勝手に使ったらホントはいかんのでしょうな。怒られるんでしょうな、JA○RACに…。
あと前髪の3本毛わすれた…



良い曲を聴いてると、頭の中で勝手にその曲に映像つけたりしませんか?

まあ一種の妄想娯楽ですが、鯨田はそれすんのが結構好きです。

アニメとか作る技術があればイメージを形にしたいんですがねー。

せめて一部分を切り取ってイラストに描く、何てこともやったりします。

「…それが、今回のイラストかよ!?これがっ!?普通のバストアップじゃん!!」

とか言われると返す言葉もございませんが…。まあもともと雰囲気のものですしー。

メンドクサイから背景も描かなかったしー。言い訳はもういいしー。

あ、カラーじゃないのは仕様です。イマイチ感じ出ませんでしたが…。



そんな鯨田さんが今脳内PVを自主制作して楽しんでいるのが

いきものがかりの『ライフアルバム』収録の曲たちです。

1stアルバムの『桜咲く街物語』がかなりよかったので、2ndも期待していたのですが

想像以上の出来に満足。

特に『花は桜 君は美し』はハートにジンジンきやがります。

歌詞を男が書いてるのがいいんでしょうね、男の俺にとっては…。

今後の彼らにも期待です。

タグ:   佳住ころな
2008.02.23(Sat) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (3) l top
ニア
↑手抜きで描いても可愛良くなる。恐ろしい娘だ…。


『勝手にブログ評論(α版)』というサイト知ってる?

自分の(自分のじゃなくてもいいけど)ブログのURLを入力すると、そのブログの評論(っぽいもの)をしてくれるんだ。

せっかくなので、我が「2次元美少女は電気鯨の夢を見るか?」も評論してもらったよ。

以下、その抜粋。







勝手にブログ評論
2次元美少女は電気鯨の夢を見るか?評論      総合得点 22点


フォトショは英雄のごとし。


人気サイトを欲すればウシハシルを得て、アクセス解析を欲する時イラスト3を得る。それが摂理だ。それはアクセス解析なのだと言える。つまり「コミックスタジオ」的見解には、もう飽きているのだ。

そもそもの発端は再利用イラストギャラリーだ。結局、コミックスタジオしかない。淑女にとってウッウッウマウマほど大切なものはない。レッツラゴーとぞぉ〜〜〜の組み合わせ。まるでシルクで鼻水を拭うようだ。人気サイトを手に入れるためなら、セーヌ川に飛び込むという若者があとを立たない。嘆かわしい。泡が出ているうちはシャンパンとは呼べない。熟成されていないウッウッウマウマもまた然りである。紳士たる者、フォトショを忘れるべからず。


私なら、キリ番2000に生涯を捧げるだろう。あと10年若ければ。





22点って!!しかも意味分からん!!だが、それがいいっ!!

ブログで使われてる単語をつかって評論してくれるので、一見ちゃんと評論してくれてるみたいでユカイだっ!!

人のを見てもつまらんかも知らんけど、自分のとこ見たらオモロイはず!!

興味が沸いたらやってみてはっ!?

『勝手にブログ評論(α版)』

2008.02.22(Fri) 17:09 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (6) l top
eb79d4ea.jpg


ころなきゃああああっ!!
私なんでこんな格好なんですかっ!?
もぅ、鯨田さんのえっち!こんな絵描いて公開するなんてっ!ばかばかばかっ!!」

ぽかぽかぽか…

鯨田 「痛て痛て痛て…。」

めいこ「おいおい、落ち着けよころな。この絵、鯨田の絵じゃないぜ?」

ころな「あ…。」

あきは「ぱっと見でわかるでしょ…。ころなちゃんの目は節穴だなぁ…。」

鯨田 「『焼きプリン定食(2個目』のかりぷそさんが描いてくれました~。」

めいこ「ほう…。焼きプリン定しょk…って、人気サイト!人気サイトじゃないかっ!!

鯨田 「なんかころなを気に入ってくれたらしくて…。
ブログを始める前から観てたサイトで自分のキャラの絵が載ってるのはなんか感慨深いものがあったぜ~。」

ころな「それにしても、なんで半裸なんですかぁ~?」

あきは「『仕様』らしいよ。」

ころな「そんなぁ~…。」

鯨田 「かりぷそさんのいつもお色気に対して真っ向から挑む姿勢には尊敬の念さえ抱いている。
それに引き換え俺は、『エロい絵エロい絵』いいながらヌルイものしか描いていない!!
エロい絵っていってもせいぜいパンツ止まりじゃないかっ!?成人男性がその程度のエロさで満足していていいのかっ!?いや、よくない!!」

ころな「パンツ出すだけで、十分えっちだと思うんですけど?すっごい恥ずかしいし…。」

鯨田 「それは、男と女の感じ方の違いだな。俺の書くエロは生温い!!あとパンツ出すのは恥ずかしくない!!」

めいこ「恥ずかしいのはあたしたちだから。そこをお前が判断するなよ。」

鯨田 「ウチの唯一の判断基準はこの俺!異論は許さん!!
よって、さらなるエロに突き進むために、ワンランク上のエロイラストを描くぜぇ!!
出すよ?アレを出しちゃうよ?」

あきは「やる気だね、鯨田君。」

めいこ「もう止めても無駄っぽいな…。
…ころな、気の毒に…。」

ころな「えっ!?えっ!?」

あきは「かりぷそ君の絵でちょっと出かかってるころなちゃんのアレが、ついにお披露目かぁ…。」

ころな「ふええぇっ!?ちょっ、ちょっと待ってくださいよぅ!!なんで、私って決まっちゃってるんですかぁ!?」

あきは「ま、そういう担当だし。ころなちゃんは…。」

ころな「聞いてないよぅ!!そんなの聞いてない!!」

鯨田 「問答無用!!堪忍せいやぁっ!!」

ころないやあああぁぁぁぁっ!!公開はいやああああっ!!!!

鯨田 うるさぁぁいっ!!ぺろりんちょ~ん!!
どうだっ!?」





















焼きぷりんたんところな
焼きぷりんたんも道連れだぁ~~~っ!!…ってパンツがオムツみたいになっちゃった…orz

ころなうわぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~ん!!見られたぁ~~~~~~~!!
ふぇぇぇぇ~~~~ん。

ぐすっぐすっ…もうお嫁にいけませんよぅ…。
鯨田さん責任とってくださいね…?ぐすっ、ぐすっ…。」

あきは「いやいやいや…隠してんじゃん…。ってベタすぎるリアクションだなぁ…。」

ころな「…え?あ、ホントだ!!」

めいこチキンめ…。いざとなったら怖くなったと見える…。」

鯨田 「ちちちちち…違わいっ!!
その…なんだ…そう、あれだっ!!
やっぱりころなの痴態を万人にさらすのはあまりに可哀想だと思ったんでな。ジェントルマンとしての配慮さ。
だから、断じて土壇場で怖気づいたわけではない!!」

ころな「く、鯨田さん…。…やっぱり…優しい…。」

あきは「ここまで脱がされて優しいもクソもないと思うけどなぁ…。」

めいこ「自分の腰抜けっぷりをウソの優しさで誤魔化すとは…
これはいよいよ鯨田を見限る時が来たかな?」

鯨田 「…?え、何?どゆこと?」

めいこ「じつはかりぷそさんの所であたしら3人でお喋りをしてきた。」

鯨田 「は?…何を意味不明な事を…お前らは俺がいなければ喋れないんだよ!寝言は寝てから言うんだな…。」

あきは「それが寝言じゃないんだな。疑うなら『焼きプリン定食(2個目』の該当記事を見てみるといいよ。
はい、ここが入り口←GO!」





鯨田 「ば、馬鹿なッ!?これは一体!?」

めいこ「かりぷそさんプロデュースのあたしらの会話だ。」

鯨田 「何だ、この会話記事は…!!面白い!面白いじゃないかっ!!

あきは「わかった?鯨田君。ボクたちは必ずしも鯨田君を必要としていないんだ。
むしろかりぷそ君みたいな才能ある人に使ってもらって方が、面白い事を言えるんだよ。」

鯨田 「そんな…馬鹿な…。」

めいこ「お前がいつまでも不甲斐ないようだったら、あたしらはもっと上手く使ってくれる人のところに移籍をすることも考えている。」

鯨田 「なっ…!!??ちょ…ちょっと待てよっ!!??そんなこと許さんぞっ!!」

あきは「まだわからないの?決定権は鯨田君にあるんじゃなくて、ボクらにあるんだよ…。」

ころな「わ、私は移籍なんてしませんよ!?鯨田さんのそばにいますっ!!」

鯨田 「おおぉ…ありがてぇ…けど、お前だけいても、面白い記事になんねえよ…。あんま意味ねぇ…。」

ころな「ガーンッ!!」

めいこ「他の人の所に行って欲しくなければ、あたしらの待遇を改善しろ!」

鯨田 「くっ…具体的には何だよ?」

あきは「さし当たってはボクとめいこちゃんのイラストの割合をもっと増やしてよ。
ころなちゃんばっかじゃなくてさ。」

鯨田 「………まあ、いいよ。わかった…。」

ころな「あ、あれ…!?それって、私損じゃないですか?」

めいこ「エロい目に合う機会が減っていいじゃん。」

ころな「あ、そうですね!!
……………………………………でも、描かれなくなるのはやっぱり嫌ですよぅ…。」

あきは「じゃあ、ころなちゃんもなんか希望言いなよ。」

ころな「え…?………言ってもいいですか?」

鯨田 「………………いいよ。この際だし。」

ころな「…じゃあ…もっと大切にして欲しいです…。」

めいこ「そんなんでいいの?」

あきは「欲ないなぁ…。」

鯨田 「……………ん?でも、よく考えたら誰もお前らを使いたいって人なんて、いないんじゃないの?
移籍なんてそもそも出来ないんじゃ…」

めいこギクッ!!

あきはハイ~~~~ッ!!僕たちの待遇がよくなる事が確約されたところで、今回は終わりっ!!
第71回終わりだよ~~~~~~っ!!!」

鯨田 「ちょっと待たんかっ!!
うおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~いっ!!!

<追記>
やっぱり自重しました。もうつっついても無駄です。
見ちゃった人は忘れましょう。
タグ:   佳住ころな
2008.02.21(Thu) 16:03 l 通常版にじくじ l コメント (10) l top
ネコ登り調子.bmp


あきは「登り調子って…何が?
イラストの腕の事?あっ、それはないか…ゴメンゴメン。」

鯨田 「いやな事言うなぁ…。
カウンタの回転数の事だよ。最近急に一日の来客数が増えたのだ。」

ころな「ホントですね。一体どうしたんでしょう?」

鯨田 「ついに俺が天才だという事が世間に認められ始めたということだろうな。ふっ…。」

あきは「いやぁ、それはないでしょ。」

鯨田 「ふむ、俺の天才性に世間が気付けばこの程度ではすまないと言いたいわけだな?」

あきは「いやいやいや。そもそも鯨田君が天才だという前提条件が間違ってるわけだからね。
むしろ普通の人を基点として、天才とは逆方向に存在する人間じゃない。鯨田君は…。」

鯨田 「じゃ、じゃあこのカウンタ数の急造をどう説明する気だっ!?」

あきは「そのためのアクセス解析じゃん。見てみればいいよ。」

ころな「そうだね。…んと…、はい出ました。」

アクセス解析


あきは「うわぁ…来てくれてる人ほとんど『ウッウッウマウマ』で検索してくれてる人だね…。
やっぱりうちのブログが評価されたわけじゃなかったね。」

鯨田 「うむ…。しかしこれでうちに来てくれた人が気に入ってくれてリピーターになってくれる可能性もあるわけだからな。」

あきは「その可能性は低いかな…。」

ころな「え…?なんで?」

あきは「だって、『ウッウッウマウマ』で検索してウチにきたら、出てくるイラストこれだよ?」

ウッウッウマウマー.bmp


鯨田 「ギャッ!!そうだった!!
超手抜き絵だったっけか!?」

あきは「この絵見たらもう二度と来ないよね。
…まあ、普段どおりの絵が飾ってあっても、もう一回来ようとは思わないだろうけど…。」

鯨田 「…でもまあ、この絵よりはマシだろう…。
…よしっ!!描きなおそう!!」

あきは「姑息な…。」

ころな「姑息なんかじゃないよぅ!やって然るべき営業努力でしょ!」

鯨田 「そのとーり!!そんじゃ…描き描き…。
ほい、出来たっ!!」

ウッーウッーウマウマ改良


鯨田 「どうだっ!?前のよりかなりよくなっただろうっ!!」

あきは「まあ、元が元だしね…。」

鯨田 「同じような絵を二回描くのはキッツかったわぁ…。」

ころな「gifで動かすって手もありましたよね?」

鯨田 「それこそ同じような絵何回も描く羽目になるだろ!
…でも、これでウマウマで検索してきた人へのアピールになるな!!」

ころな「そうですね!さらなるアクセスアップが期待できます。」

あきは「…でも、アクセス解析によるとその検索で来てる人日に日に減ってるよ?
もっと早く手を打たなきゃダメだったんじゃない?」

鯨田ころな「あ……………………………………。」
タグ:   佳住ころな   天原あきは
2008.02.19(Tue) 23:57 l 通常版にじくじ l コメント (11) l top
鯨田 「過去絵の再利用イラストギャラリー。ほんじゃ、行きまひょか…。」



ひかるクンとあきは.bmp
あきはM字開脚.bmp
あきは「だてる~君がキリ番2000をゲットした時のリク絵だね。
…つかリクしてくれるの、だてる~君だけだな…。鯨田君の人徳のなさを垣間見るねっ!!」


セラバニころな.bmp
鯨田 「セーラー服は他のコスとの組み合わせが楽しいですな。
エロさよりも、可愛さが勝つ気がする。」



あきは抱き枕.bmp
めいこ抱き枕
ころな抱き枕.bmp
めいこ「抱き枕をイメージしたイラスト3連発だな。
なんかこのあたりから、あたしにも恥ずかしい格好をさせるようになって来た気がする。
…ハァ…勘弁してくれよ…。」



ころな可愛服.bmp
鯨田 「うわっ…。これは酷い…。
この絵はうpした後に顔のデッサンが物凄く崩れてる事に気付いて、修正してうpし直した覚えがある。
…なおしたのに、酷い有様だ…。」


2次元美少女は電気鯨の夢を
ころな「最終回っぽいイラストになっちゃったヤツです。
ううぅ…、3人で並ばされると私が大きいことを思い知らせれますねー。」


あきはアクマ縮小.bmp
鯨田 「尻むずいよなぁ…。
この回で『ころなの天使コスも描く。』とか言ってたような気がするけど、なんか上手くいかなかったんで止めちゃいました。
俺、そういうの多いなっ!!」


リリィちゃんところな.bmp
ころな「ヒロさんに私を描いてもらったので、鯨田さんが描いたアンサーイラストです。
けっこういろんな人に私を描いてもらってるんですよねー。何回経験しても嬉しいものです♪


さて、第5回はここら辺で終了です。またの機会にお会いしましょう。」
タグ:   佳住ころな   井出めいこ   天原あきは
2008.02.19(Tue) 09:05 l イラストギャラリー看板子 l コメント (5) l top
鯨田 「今まで描いたイラストをまとめてみました。看板娘ver.第3集。レッツラゴー!!」


akiha sai
あきは「こんなのまで再掲載するんだ…。SAIを使って描いたイラストだね。
この時はSAIを使って行こう!と思っていた鯨田君だけど、もう使ってないんだよねー。
結局、コミックスタジオとフォトショの二刀流でやってるよ。やりなれたやり方でやった方が良いんだって。」



めいこ短時間
めいこ「短時間で描いた絵だな。
結局こういう塗り方が鯨田には一番あってるのかもな。だれでも出来る塗りだけどな。」



ころなニクマンパンチラ.bmp
鯨田「この絵描いた時に今までで一番の出来!とか言ってました。…なんでそう思ったんだろ?」


ころ鍋
ころな「鯨田さんが一人で食事する寂しさに耐えかねて描いたイラストです。
私と向かい合って食べれば寂しくないっていう発想です。
…でも2,3回試しただけで、全然使ってくれません…グスン…。」


みんな仲良し!
鯨田 「ウシハシル。さんとyasuさんがころなを描いてくれたので、お礼(?)に描いた絵。
急いで描いたので実はあまり気に入ってません。(オイ
コラボ集合絵、もっと凄いの描こうかなんて思案中だったりします。
まあ、そのうち。」


初雪だよ!
鯨田 「ウシハシル。さん主催のテーマイラスト企画、お題『雪』の時に描いたイラスト。
ぶっちゃけ、こっちはおまけで一緒に書いた漫画の方が本命でした。
いかんせん漫画に時間がかかりすぎたので、かなり短時間で仕上げた覚えがあります。」


ころあき体操服.bmp
鯨田 「描くものないからブルマ描いとけ位の発想で描いた…と思う。
鯨田は学生系のコスが大好きです。ブレザー、セーラー、体操服、スク水。もぉサイコー!!」


ころ
鯨田 「上のと同じ理由。描くものないから描いた。
スク水は旧スクがいいですね。水に濡れるとダボッというかユルユルッとなる所がたまりません。
ちなみに名札は裾の所やや左にちっちゃくあるのが良いです。胸の所にでかく貼るのは好きくありません。
こういうのって自分の学生時代にどうだったかが大きく関わってきますよね。
…どうでもいいですか?そうですね。」


はぴくり~!!
あきは「鯨田君はホントキャラ以外の下手さがハンパないよねー。
これって、ただ単にテンションの問題だと思うんだよね。
キャラ以外が描いてて楽しくないから、テキトーに描いてこの有様っていう。
そこら辺何とかしないと鯨田君上に進めないよ。そこんとこ分かってんのかな、あの人?



それじゃ、今回はここら辺で終わりみたい。第4回までバイバ~イ!!」



タグ:   佳住ころな   井出めいこ   天原あきは
2008.02.18(Mon) 21:25 l イラストギャラリー看板子 l コメント (4) l top
ひなたイラストもまとめて見ました。
思ったより描いていませんでした。反省。
もっといっぱい描くぞぉ~~~っ!!!

hinata

20071016235907.jpg

20071025225100.jpg

20071114224833.jpg

hinasanta

hinasanta02

若葉ひなた

俺の事を考えるひなた

冬服ひなた.bmp

ひなたvsさくら.bmp

ひなたパンズリ.bmp
タグ:   若葉ひなた
2008.02.18(Mon) 20:56 l イラストギャラリー看板子 l コメント (2) l top
鯨田 「今まで描いたイラストをまとめてみた。第2集。さっそく行きましょう!!」


20071105164337.jpg
ころな「私の徹底紹介の時のイラストですね。
あ~、この回の事を今思い出しても憂鬱になります…。
私の過去にあんな事があったなんて…。」


20071109024839.jpg
めいこ「ぐああぁっ!!なんだよ、もうこの失敗作は出すなよぉっ!!
ころなと同じく、あたしの徹底紹介の回の時の絵だな。
今思い出しても憂鬱になるぜ…。…って、上のころなと、ほぼ同じ事しゃべっとるっ!?」


20071109032607.jpg
あきは「ボクの初登場の時のイラストだね。
実はこのイラストは結構昔に描いたものなんだ。(2年くらい前?)
だから、ちょっと感じが違うね。
初登場なのに描き下ろさないなんて…。
レギュラーになる予定じゃなかったからって…。許されないよネっ!?」


20071112220956.jpg
あきは「だてる~君がアクセスカウンタ777を踏んだ時のリクエストイラストだよ。
『お兄ちゃん』という言葉を絡めたボクのちょっとHなイラスト…がリクエストだったかな?
…って、これ求められてたような物じゃないよね。…多分。」


20071120181806.jpg
鯨田 「アクセスカウンタ1000突破記念のイラスト。
今見ても良く描けてる。最高傑作だったりして(エッ!?
水着描きたいね。冬とかそういうこと関係なく。」


corona twintale
めいこ「キャラの髪形変えても、同一キャラか判別できるか検証した記事のTOPを飾ったイラストだな。
髪形チェンジとは名ばかりで、とんでもない格好をさせられたんだったけか?
『この回を超えられる記事が書けない』と鯨田がいつもぶつくさうるせーんだ…。」


meiko santa
akiha santa
20071127224114.jpg
鯨田 「クリスマス用に看板娘のサンタデザインを考えたもの。
結構斬新なデザインになったんじゃね?とかその時は思ったけど、今見ると物凄く普通ですな。…ころちゃん以外は…。
でもころなのはサンタに見えないっつう…。」



20071130212526.jpg
20071130221542.jpg
鯨田 「そんでそのコスを利用して作った2代目TOP絵&その素材。
う~ん。一個一個はそんな悪い出来でもないと思うんだけどなぁ~…。やっぱ背景っつ~か、デザインがなぁ…。勉強せんとダメだな…。

そんじゃ第2回目はここら辺で…。また次回お会いしましょう。」



2008.02.18(Mon) 20:45 l イラストギャラリー看板子 l コメント (0) l top
鯨田 「ども。鯨田です。
イラストギャラリーと称しまして、過去絵をまとめるためのカテゴリを作ってみたよ。
別にオイラのイラストには興味はないでしょうが、まあ自己満足のためのものなのでー。
ついでに、イラストごとに一言添えてみました。

そんじゃ、早速行ってみましょー!!」

coronahatsunugi
鯨田 「ウチのブログ第1号のイラスト。
…こう見ると俺、全然成長してないな…。今(08年2月18日)と大して変わんないよ。悪い意味で…。
『4ヶ月前の絵なんて恥ずかしくて見れない~!!』みたいな感じになりてぇなぁ…。」



20070929230433.jpg
鯨田 「言ってるそばから、これは結構キツイね。
昔も今もアニメ塗りしかできない鯨田。…もうそれでいいか。って最近では思ってたりして…。」



20070930011917.jpg
鯨田 「小っせ!!当時はサムネイルこのデカさで作ってたのか…。
初代TOP絵。今でも結構気に入ってます。雰囲気がウチにあってるんじゃないかと…。」



20071004021116.jpg
鯨田 「初めての『鯨田さんのひとり事』の記事の時に載せたヤツ。
ちなみに『ひとり事』ってのは誤字じゃないです。
…まあ、ぶちゃけオナニーの事ですな。下ネタが入れたかったようです。」



narce-corona.jpg
鯨田 「鯨田はナース好きです。
そんなことより、何?この背景…。死んじゃえばいいね。鯨田なんか。」



20071011235726.jpg
鯨田 「ボクシンググローブつけた女の子が結構ツボです。
このイラストの記事の時、内藤と亀田の世界戦の事を書いてたんだけど、カウンタが1時間足らずで150くらい回ってたまげました。
そして未だに1日の来場数がそのまぐれを越えられない。…情けない…。」



20071020003004.jpg
鯨田 「今もなおキャラ紹介で使われてるイラスト。
いい加減替えてぇなぁ…。なんかいい案あります?」



20071023235212.jpg
鯨田 「うわっ…。これも結構酷い…。
鯨田はキャラしか描けないね。ホント…。
え?キャラも描けてない?こりゃまた失礼しましたぁ…。」



20071029200841.jpg
鯨田 「カウンタ500Hitの時の記念絵。
500って…。でも当時は嬉しかったのだ。
しつこいようだけど、キャラしか描けないよなぁ…。バックもうちょっと、なんとかできたんじゃない?」



page_20071031223649.jpg
鯨田 「白黒だけど入れてみた。せっかく漫画だし…。
ちなみに左上から読んでください。
でもこれだけ見せられてもイミフだな…。でも説明はしない!!
ころなはボケキャラとして開花してもよさそうなんだけどなぁ…。しないなぁ…。
俺にそういうキャラを扱う腕がないのかもしれん…。


ハイ、そゆわけで、イラストギャラリー第1回終わりです。
また今度~。」

2008.02.18(Mon) 15:48 l イラストギャラリー看板子 l コメント (2) l top

ラッキーDADADADADA!!!!

2008年02月17日

luckystar.jpg


昼飯買おうとサンクスに行ったら、らき☆すたのネンドロイドが売ってた。

値段も見ずにレジに持ってったら500円もしやんの。

高っ!!

これでみゆきさんとかが入ってたら、俺怒るぜ?

っつーか、つかさとアキラ以外は全部ハズレだっ!!!

開けてみたら…















つかさねんどろいど

つかさでした。

やっほおおおおおいっ!!!!

当たりだ!当たりだ!!!

何故かチョココロネもってるよ?

…でも、そんなの関係ぇねぇっ!!でも、そんなの関係ぇねぇっ!!

ハイッ、オッパッピー!!チントンシャンテントン…チントンシャンテントン…

っつーわけで、籤運悪い鯨田にしては、無駄金を使わずにすんでラッキースターでした。

何気にネットで調べてみたら、サークルKサンクスでの先行販売らしいです。

買えただけでラッキースターだったっぽい。イェ~!!



どうでもいいけど、こういうデフォルメ系のフィギュアは別にスカートの中作らなくていいよ。…と思った。

あと、第2弾にはみゆきさんのお母さんがでたらいいなって思った。

あと、シークレットの白石みのる(多分)はマジいらねぇと思った。

あと、今回すげーオタク臭い記事だなと思った。

2008.02.17(Sun) 00:03 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (6) l top
あきはおしゃれ着
↑最近あきちゃんがな~んか影薄くなってきたので描きました。


な~んか、最近全然ゲームやらなくなった。

数年前からは考えられんやらなっぷり。

やりたいとは思うんですがねー。

新しいの買おうとちょくちょくゲーム屋行くんだけど

結局気が乗らず買わずに帰っちゃうんだよね。

PS3持ってたらディスガイア買うんだけどな…。

タグ:   天原あきは
2008.02.16(Sat) 01:20 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (3) l top
ころなフォロー


いじめすぎた…
タグ:   佳住ころな
2008.02.15(Fri) 19:53 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (5) l top
めいこ「あ~あ…。」

あきは「どったの?めいこちゃん、いきなりため息…。」

めいこ「いやぁ…、昨日ころなには『バレンタイン頑張れ』みたいな事いったけどさ。
考えてみれば相手は鯨田なわけで、また鯨田の自作自演はしゃぎが展開されるのかと思うと、どギツイなぁ…と…。」

あきは「それは確かに…。」

鯨田 いやっほ~~~~~いっ!!

めいこ「さっそく、来なすった…。」

鯨田 「おいおい~、諸君~!何しけた面してるのかね~?このめでたい日に!!
祝いたまえよ!!バレンタインという日をっ!!祝いたまえよっ!!この俺をっ!!!!」

めいこ「うおおぉ…、いつもにまして、うぜぇ…。」

あきは「鯨田君やけに上機嫌だね。」

鯨田 「ふふ…、それは機嫌よくもなるさ…。チョコだよ、あきは君。チョコを貰ったのだよ!」

めいこ「チョコ貰ったって…お前、そりゃあ…」

鯨田 「その時の様子をイラストにしてみたぜ!!見やがれ!!」

めいこ「…まあ、いいか。ころなも一生懸命作ってたし…。」



























ひなたバレンタイン


めいこ…って、ええええぇぇええええぇぇぇええええぇぇぇええええぇぇぇっ!!!???

あきは「あ、あれ?」

鯨田 「ひゃっほぉぉぉぉぉいっ!!ひなたからチョコ貰っちゃった、貰っちゃった~いっ!!!

めいこ「い、いや…あの…。」

鯨田 「来たぜ!来たぜ!俺の時代がよぉぉぉぉぉっ!!念願かなってぃいやっほぉぉ~~~~いっ!!」

めいこ「うん、それは分かったから、ちょっと話を…。」

鯨田 「もう、俺は他になにもいらねえぜっ!!ひなたからのチョコがあれば他には何もおぉぉぉぉぉぉぉっ!!!」

めいこ「だから、あたしの話w…」

鯨田 ふぅおっ、ふぅおっ、ふうううぅぅぅぅぅおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!!」

めいこうるせええええええええええっ!!!!

どぐしゃぁぁぁぁぁっ!!!!!!

鯨田 うげええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!」

めいこ「話聞けやぁぁっ!!このボケェェッッ!!
だいたいよぉ、チョコ貰ったチョコ貰ったってお前のただの妄想じゃねえかっ!?
なんだっ!?ひなたからチョコって!!アホかっ!?」

鯨田 「妄想じゃねえやいっ、妄想じゃねえやいっ!!本当に貰ったんだいっ!!」

めいこ「貰えるかっ!!ゲームのキャラがっ、チョコを渡せるかぁ!!」

鯨田 「少女の俺への想いが頂点に達した時、その想いがチョコレートという形に具現化し、いかなる次元をも超越し俺の心に直接届く。そんな奇跡がおこるのがバレンタインデーだと聞く…。
その奇跡が起こったのさ。俺とひなたの間でな…。」

めいこつまり妄想じゃねえかっ!!
なんだ、チョコレートという形に具現化し…って!!心に直接届くなら具現化してねえじゃねえかっ!?お前日本語分かってんのかっ!?」

鯨田 「俺の心の中でチョコレートという形をなしている以上、その表現は間違っていないと言える…。
妄想妄想とさっきから言うが…ならお前はこの俺の心の中にあるひなたからのチョコをどう説明するつもりだっ!?
あるんだっ!!チョコはあるんだっ!!!!」

あきは「めいこちゃん、もう諦めようよ。」

めいこ「何?諦めて、こいつのわけの分からないトンデモ理屈に屈しろって言うのかよ?」

あきは「そうじゃなくて、鯨田君を諦めよう
もうダメだよ、この人は…。」

めいこ「…まあ、それもそうか…。
こんなわけ分からんことで言い合いするのもアホ臭ぇしな…。
鯨田、お前の好きなようにしろよ…。」

鯨田 「言われずともするわい。
ああ、ひなたからのチョコぉ…。
他の誰からのプレゼントも、このチョコの前ではクソ同然になるだろう
ああ…もう幸せすぎるぅ…。」

あきは「…………………………………………。
自作自演でここまで人はイカレルものなのかなぁ…。ダメ人間の行き着く先を見たね。」

めいこ「うむ。これ以上醜態をさらすこともあるまい。さっさとお開きにするとしよう。
第69回終わり!!」






















あきは「…ところで、ころなちゃんは?」

めいこ「……………………………………あ!!」

ころなは見た!!
タグ:   若葉ひなた   佳住ころな
2008.02.14(Thu) 23:34 l 通常版にじくじ l コメント (4) l top

ころな浮かれ気味

2008年02月13日

ころな満面の笑顔.bmp


ころな「えっへへへ~…、やっとできましたぁ…。」

めいこ「なんだよ、やけに浮かれてるな…。
何ができたって?」

ころな「チョコです。明日がバレンタインですからね。なんとか間に合いました。」

めいこ「あ、そうだっけ…興味ないから忘れてたわ。つか、チョコ作ってるって記事やったの2月1日じゃんっ!!それからずっと作ってたのかよっ!?」

ころな「なかなか上手くいかなくて…。」

あきは「ふぅ~ん。じゃあ最終的にはちゃんと出来たんだ?」

ころな「うん。けっこうおいしいと思うよ?」

あきは「味見していい?」

ころな「いいよ。こっちに余ったのあるから…
ハイ、どうぞ!!」

あきは「形はいいね。」

ころな「形だけはホントもう絶対の自信があるよ。」

あきは「嫌な事言うなぁ…。
めいこちゃんも食べようよ。」

めいこ「甘いのはあんま好きじゃないんだけど…。」

あきは「パク。」

めいこ「モグモグ…。」

ころな「どうですか?」

めいこ「……………………………………………。」

あきは「……………………………………………。」

ころな「あ、あれ?もしかしておいしくないですか…?」

めいこ「い、いや…?う、うまいよ…?」

ころな「そうですか!?よかった~、正直味見しすぎて最後の方、味よく分かんなくなってたから…。」

あきは「さっき結構おいしいとか言ってたのに、味よく分かんなかったって!!!
…つかさ、ビミョーに不味いんだけd…。」

ころな「え!?」

めいこちょおおおぉぉぉぉぉぉぉいっ!!!」

あきは「わぁああっ!?もごもご…。」

ころな「???」

めいこ(小声)「お前さぁっ!!そういう事言うなよっ!!たとえ不味くても美味いって言ってやれよ…!!」

あきは(小声)「ぷはっ!もお…口ふさぐの止めてよ!
…でもさ、不味いものは不味いって言ってあげないと…。人にあげるモンなんだし。」

めいこ(小声)「いや、まあそれはそうなんだけど…。でも見ろよ今回のトップに載ってるあの満面の笑顔をよぉ…。今さら不味いなんて死刑宣告下すのはあまりにも惨い仕打ちだろうよ。」

あきは(小声)「明日鯨田君に食べさせてから不味いって言われるより、よっぽどいいと思うけど…?」

めいこ(小声)「いや、言わんだろう。いくらなんでもチョコもらって、その女に対して不味いとは言わんだろう。」

あきは(小声)「いや、言うね。鯨田君はころなちゃんに対してだったら、言うね。」

めいこ(小声)「…うん、まあ…言うな…確かに…。言うかも知らんけどさあ。」

あきは(小声)「だから、今それを教えてあげて明日までに作り直させたほうが…。」

めいこ(小声)「でもお前見ろよ、あの手の怪我っぷりを!やっと完成したと本人は思ってるのに、また作り直させるのも酷だぜ…。」

あきは(小声)「じゃあ、どうすんの?」

めいこ(小声)「そうだな…。
そんじゃ、あたしが鯨田に『不味いって言ったら殺す』ってあらかじめ言っとくわ。それだったら、ころなが傷つく事もないだろ。」

あきは(小声)「それ、根本的な解決にはなってないよね…。」

めいこ(小声)「やむを得まい…。」

あきは(小声)「っていうか、なんでボク達がころなちゃんのために心配しなきゃなんないの?」

めいこ(小声)「それもそうなんだけど…。
やっぱあんな嬉しそうな顔してるの見たらさ…。上手くいって欲しいじゃん?」

あきは(小声)「ん…。ま、そうかもね。」

ころな「もぉ、なんですか!?さっきから二人でこそこそして!
…あ、やっぱりチョコ…美味しくなかった…とか…?」

めいこ「うんにゃ。そんなことねーよ?美味かった。」

ころな「えへへ…。これあげたら…喜んでくれますかね?」

あきは「う~ん、それはどうだろ…痛っ!!」

めいこ「余計な事言うなっ!!
そりゃ喜ぶよ!!…だからさ…なんつーか…
ま、がんばれよ!!」

ころな「…えへへ…。なんか変な感じですね…。そんな事言うなんて…。


…頑張ります…。」





あきは「………………………………………。
…なんだろ?今回の記事…?」


タグ:   佳住ころな
2008.02.13(Wed) 01:14 l 看板子たちのおしゃべり l コメント (6) l top
白黒ころな
↑急いで描いたので色々粗ありますが(いつもの事?)勘弁してくらはい…。

鯨田 「うぃ~っす、やや復活。鯨田でぃ~っす。
テーマイラスト期限間に合わず、ホント申し訳なかったス。」

ころな「鯨田さん、体のほうはもう大丈夫なんですか?」

鯨田 「まだちょっとキツイけど、いつまでも締め切りブッチしたままなのも、アレかと思って、具合ややよくなった頃合を見計らって白黒だけでも完成させてたよ。」

めいこ「責任感がある風に見せかけてるけど、最初から全部仮病っていう罠。」

鯨田 「違わいっ!!昨日までは…昨日まではマジ、キツかったんだい!!」

あきは「でも、体調管理まで含めて全部鯨田君の責任なんだからね。今回のブッチは反省するように。」

鯨田 「うう…。言い返せん…。
でも、一日遅れで上げられたんだから評価してくれい。」

あきは「甘えはダメだよ。遅れは遅れ。」

ころな「あ、あきはちゃん厳しすぎるよう…。」

めいこ「ま、怒られてもしゃーねーんじゃねぇ?今回ばっかりは。」

鯨田 「ううぅ…。」

めいこ「それで?今回のテマイラは…なんだこりゃ?」

鯨田 「ええ…と、これはテーマ『白黒』の方です。」



注意
以下しょうもない話。主にいいわけ。見る価値なしです。
それでも見るって人は…まあ…頑張って…。


さて、覚悟はいいですか?


タグ:   佳住ころな
2008.02.12(Tue) 02:23 l 通常版にじくじ l コメント (12) l top

すいません

2008年02月11日

ここ2,3日体調不良で起きているだけで辛い状態です。
テーマイラスト企画『白黒』『2008』も11日中に完成させられそうにありません。

両テーマとも途中まで作ってはあるので、近日中には公開する予定です。

イベント参加しておきながら、責任を果たせず申し訳ありません。

2008.02.11(Mon) 09:50 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (5) l top
西野


鯨田 「『初恋限定』1巻発売記念!って事で、西野つかさを描いてみたよっ!!」

めいこ「…ん?…」

鯨田 「ちょっと、ちょっとぉ!!なにボサッとしてんの!?
そこはちゃんと突っ込んでくれないとっ!!
『西野は恋愛限定のキャラとちゃうやんけーーーっ!!』とかなんとか言って!!
頼むぜぇ!?めいちゃんは突っ込み担当でしょ~!?」

めいこ「うおおぉぉ…、何こいつ…?うぜぇ~…。
…………んで?じゃあどうして『初恋限定』のキャラじゃなくて西野を描いたのよ?」

鯨田 「まだ『初恋限定』でこれといって好きなキャラがいねえから…。」

めいこ「何!?このクソつまらない答え!?普通っ!!
自分で振っといてこの有様っ!?
………やべぇ…今回の話は面白くない予感がビンビンしやがる…。」

鯨田 「それに引き替え西野は、もぉほぼパーフェクトな、キャラだよねー。
ルックスも100点!さらに性格的にはこれ以上はない完璧なものと断言できるぜ!!」

めいこ「…あれ?それはひなたより…?」

鯨田 「うん。ぶっちゃけひなたは性格的なものは難があるよね。真面目すぎる。」

めいこ「ぐはっ!問題発言だ!いままでのこのブログの流れを根底から覆す!!」

鯨田 「いやぁ、熱血青春日記で冗談っぽい選択肢選ぶと、あいつ必ずと言っていいほど怒るんだよ。冗談が通じない。
俺なんて喋る事のほぼ90%が冗談で構成されてる男だよ?もお、会話が成立せんよ。」

めいこ「今に始まって事じゃないけど、いまさらそんな昔のゲームの話されてもなぁ…。
…そんじゃルックス100点で性格も完璧な西野のほうが、ひなたより好きなんじゃないの?」

鯨田 「それはないな。西野は残念だろうケド。」

めいこ「いや、かけらも残念じゃないだろう。」

鯨田 「ひなたはルックスに関しては点数換算できませんから。
性格だって別に0点じゃないし。元気っ娘ってだけでかなりの高得点だよ。」

めいこ「性格の事だけどさ。お前の好きな性格にどうも一貫性がないような気がするんだけど。
ころなとひなたとか、わりと正反対の性格じゃない?それがどっちも好きなん?」

鯨田 「萌えれればどんな性格だってありだろ。方向性を定めずに全方位の女の子に対して門戸を開くのだ。
さぁ、来い!!乙女たちよ!俺は受け入れ態勢万全だぜっ!!」

めいこ「この女の敵めー!!」

ボカッ!!

鯨田 「あ、痛い!殴んのやm…!!!痛いっ!!!」

めいこ「…結局本当に面白くないまま終わってしまった。
第67回終わりっ!」

2008.02.09(Sat) 08:32 l 通常版にじくじ l コメント (6) l top
ころなグリーン
↑手抜きイラスト更新は続くよ。ど~こ~ま~で~も~♪

鯨田 「うちの近くのスーパーでさ、『ハチドリキャンペーン』ってのをやってんのよ。」

あきは「久しぶりの『通常版にじくじ』なのに、なんか突然な話題だね。」

鯨田 「まあ、レジ袋を使わずにエコバッグを使おうっていう、環境キャンペーンなんだけどさ。店内放送で参加を促すために、寓話っぽいものを流してるのね。その寓話がメッチャ気になるから、今回はそれを紹介するのー。」

あきは「言ってみそ。」

鯨田 「だいたいこんな感じ。


とある森で火事が起きました。動物たちはなす術もなく逃げ惑うばかり。

しかし一羽のハチドリだけが、その小さな嘴で水を運び燃え盛る木にかけて火を消そうとしていました。

他の動物たちはそんな事して一体何になるんだ、と笑います。

そんな動物たちにハチドリはいいました。

「私は私が出来る事をやっているのです。」



以上。」

あきは「環境を守るために、自分が出来る範囲でいいから行動しようっていう寓話だね。」

鯨田 「うん、まあそうとって欲しいんだろうケドさ…。
なんかこの話だと、『一人が出来る程度の事では大勢にまるで影響がありません。』っていう風にとれない?『他人に笑われるこっけいな事です。』みたいな…。」

あきは「そうだね、とれるね。」

鯨田 「うおぉいっ!!話の展開上そこは否定しろよ!『お前の心が汚いからそう聞こえるだけだろ!』とか言わないと!!話に厚みってものがさ…!!」

あきは「いやぁ、鯨田君そこのお店で『どう聞いても悪い方に聞こえるなぁ…。』とか思って、買い物終わってるのにその放送を聴くためだけに店内に10分位残ってたじゃん。
レジ袋ぶら下げてただ突っ立ってる姿は他の人から見たら、さぞかし不気味だっただろうな…なんて事を思うと、無下に否定するのも悪いかなって思って…。」

鯨田 「なんでそういう事言っちゃうのー!?挙動不振者だと思われるじゃん!!」

あきは「それは仕方ないよ。だってそうだもん。
そんで今回の話を総括すると、鯨田君は一人で出来る事なんてたかが知れてるから、環境問題に取り組むなんてアホ臭いって言いたいわけだね!?
ストップ・ザ・エコ!!…みたいな。この人非人!!」

鯨田 「違うわい。さっきの寓話も最後に『そのハチドリの言葉をきっかけに他の動物たちも消火活動にいそしみ、結果火事は治まりました。』っていれれば、誤解は起こらないのになぁ…。話はちゃんとつくりましょう!!…って言いたいんだよ!」

あきは「それをここで言ってどうなるの?」

鯨田 「ネタが一回分できただろ?」

あきは「結局それなんだ…。
そんじゃ第65回終わりだよ~。」

2008.02.07(Thu) 22:50 l 通常版にじくじ l コメント (10) l top

ウッウッウマウマ~

2008年02月06日

ウッーウッーウマウマ改良

そ~いや~PS2版のぽぽたんを持ってたような気がする~

30分くらいやってポイしたような気がする~

でもミイたんはかわいいよね~

まいたんもね~

ハァ…

2008.02.06(Wed) 00:21 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (7) l top

あ~…もう…

2008年02月05日

もう…ダメ…俺はナマケモノすぎる…

今日バイト休みだったのに、やろうと思ってたこと全然やれなかった…

ただボーッとしてただけ…。ボーっとするくらいならさぁー!!マトモなイラスト描こうぜ俺っ!!

今日描いたのってこれ位だぜ…

ひなた落書き


何やってんの!?俺っ!?

もうこんなの今までに死ぬほど描いてるんだよっ!!新しい発想で描こうぜ!?

斬新なポーズでひなたに俺への愛を語らせるんだっ!!違うっ!!

ちなみに塗りつぶした下にあるのは、俺の本名だっ!!

どうだっ!!休みの日に手が動くに任せてこんなの描いてる野郎はっ!?

ステキかっ!?

つか、こんな更新する位だったら他にすることあるだろー!!

ハァ…。

2008.02.05(Tue) 20:44 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (2) l top

転がしてみた

2008年02月04日

ころにゃを転がす


yasuさんが、「ちっさいネコミミころなさんを転がしたい」と言っていたので

転がしてみました~。オチありません。

最近鯨田の妄想ブームは、この「猫のころな(ころにゃ?ねころな?ミニころなたん?)」です。

可愛い仕草とか妄想して、一人で悶えてます。

適当な事させてもかわいいから楽だわ~。

自分で言うのもなんだけど…。

2008.02.04(Mon) 01:41 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (8) l top

てきとー

2008年02月03日

あきはセーラー.bmp
↑あきはセーラー。一応前にリクもらったから…。こんなんですいません。

セーラー服は夏服に限ると思った。

夏の日の下で、はじける白さの夏服セーラーが良い。

あと、夏服でも全部真っ黒なセーラー服ってあんのかなー?って思った。

あったら見てみたい気もする。

でも俺はやっぱブレザーのほうが好きだなと思った。
タグ:   天原あきは
2008.02.03(Sun) 00:04 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (3) l top
初音メイ



めいこ「あ~あ、ついにやっちまったな…。」

あきは「やっちまったって…めいこちゃんのミクコス?」

めいこ「いや、そうじゃなくて…、いや、まあそれもそうなんだけど…。」

ころな「似合ってますよ。ふふ…恥ずかしがって…めいこさんかわいい~。」

めいこ「う、うるせ~よ!
スカートが嫌いなんだよ、そもそも!!あ~、くそっ!!鯨田の奴…普通にミク描けばいいものを…」

あきは「最初は普通にミクちゃんを描こうとしてたけど、上手く描けなくてイヤになっちゃったみたいだね。
だから、描きなれた線で攻めようとしたみたい。」

めいこ「それだったらあたしじゃなくても、ころなでもあきはでも良かっただろうがよ!」

あきは「一番近いからじゃん?外見が。
めいこがミクのコスプレって、なんかややこしいね。MEIKOと勘違いされそう!」

ころな「そういうあきはちゃんは、リンちゃんの格好が似合いそう。」

あきは「今度描くかもって言ってた。
それで?めいこちゃんの羞恥コスプレの事じゃなかったら、何をやっちまったって言うの?」

めいこ「お前、覚えてろよ…?
前回の記事だよ、トップ絵変更のお知らせ記事。」

ころな「あ、私が一人で出た『ころなのひとり言』ですね。
初めて一人で喋る事になったので、ちょっと緊張したけど…うまく出来ましたよね?えへへ…。」

めいこ「そう!それだっ!!」

あきは「ああ…あれは確かにやっちゃった…って感じだね。」

ころな「えっ、えっ!?私ですか?私また何か失敗しちゃいましたか?」

あきは「ころなちゃんって言うか、鯨田君が…だね…。」

めいこ「前回の記事は読んでもらえば分かると思うけど、ころなの乙女心的なものが全開になってる文章だった。…しかも、名言はしてないけど今までの流れから、乙女心の矛先が鯨田に向かってる事は明白!!」

ころな「わっ、わっ!!あんまり大きな声で言わないでくださいよぅ!!」

めいこ「うん、まあ今のころなの反応も含めて、全部鯨田が考えて書いてることなわけ。
…なに!?このオナニー記事!?」

あきは「確かにキモさここに極まれりっ!!…って感じだね。」

ころな「キ、キモくなんてないですよぅ!!」

あきは「一応建前として、『ころなちゃんの内面の可愛さを表現するために実験的にやってみた。』って鯨田君は言ってたね。
あと、カテゴリー『鯨田さんのひとり事』の回数が『通常版にじくじ』に追いつくのを防ぐための処置でもあるみたい。
『通常版~』でやるようなネタが思いつかないとき、イラストだけでは表現しきれないキャラの性格なんかを紹介するという名目のもと、ボクたちにど~でもいい事を喋らせるつもりなんだって。」

めいこ「ふむ…。一応ころなだけじゃなくて、あたしとあきはのひとり言のカテゴリーも作ってるわけだな。
そこは評価してやってもいいかな…。」

あきは「カテゴリー作っただけで、放置。いつまでも記事数0のままなんて事もあるかもだけどね。」

めいこ「ありうる…。」

あきは「そんで、今回みたいに鯨田君抜きでボクたちだけが登場する回が『看板娘たちのおしゃべり』。これは『廉価版にじくじ』みたいな感じで、たいして面白くもないようなことをボクたちがお喋りするっていうもの。
『面白いものがかけない。だが更新はしなくちゃ。しかし鯨田のひとり喋りではお客が離れてしまう。』…ていう判断から、これらのカテゴリーを作ったみたいだよ。」

めいこ「ネタ枯渇の打開策ってわけか…。
でも、あたしら女の子が喋るっていっても、考えてるのは鯨田ってのは皆分かってるわけだから、逆に客離れを助長するんじゃないか?キモ過ぎて…。」

あきは「大丈夫だと思うよ。」

めいこ「なんで?」

あきは「今までも十分キモかったから。」

めいこ「…それもそっか。」

ころな「鯨田さんは気持ち悪くなんてありません~~~~~~!!」

めいこ「うおっ!?お前いたの?」

あきは「影の薄さに拍車がかかってるなぁ…。」

ころな「う…。わ、私の影は薄いかもですけど、鯨田さんは気持ち悪くなんてないです!!」

めいこ「こういうこと言わすのがキモイんだよなぁ…。
ころなが喋ると鯨田のキモさがクローズアップされる…構造的欠陥だな…。」

あきは「それじゃ、今回はこの辺で!何かまとまりに欠ける記事だけど、思考段階だからってことでゆるしてあげて?
バイバ~イ!!」
タグ:   井出めいこ
2008.02.02(Sat) 00:07 l 看板子たちのおしゃべり l コメント (3) l top
チョコレートころな2


皆さん、こんばんわ!ころなです。

今日から二月ですね。

『この間、年が明けたと思ったら、もう1ヶ月経ってる!!』なんて鯨田さんは焦ってるみたいです。

さて、ブログのトップ絵が変わりました。

2月といえば、バレンタイン!!

と言う事で私が手作りチョコを作っているイラストがトップを飾ります。

チョコを包丁で削る時に手を切っちゃったり、

湯煎にかける時に間違えて沸騰させちゃったお湯で火傷したり…

『手作りチョコって言っても、市販のチョコを溶かしてまた固めるだけだろ?』

なんて言う人もいますけど、これで結構大変なんです!

…なんて、私が料理苦手ってだけなんですけどね…。

手作りで作った愛情は憧れの人を振り向かせる惚れ薬!!

って訳にはいきませんけど、買ってきたものを貰うより絶対嬉しいはずですよね?

だから今、一生懸命練習中。

ううぅ…、14日までには上手になってますように…。

それでは今回はこの辺で。

おやすみなさい。ころなでした!!
タグ:   佳住ころな
2008.02.01(Fri) 04:04 l 未分類 l コメント (9) l top