完全妄想系超内向性ブログッ!!

   
14-07-17.jpg
↑『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』から、時子。
苗字があるのかも知れないけど、分からなかった。



またまた、鯨田さんが現在プレイ中の『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』の話。

『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』では、現在イベントクエスト『都会の地下迷宮と竜の思惑』が開催中。

こいつがまた、ソーシャルゲーム初体験の鯨田さんにはなかなか衝撃的で、思うところがあったので今回もまた記事にしてみることに。

このイベントクエスト、ストーリーとしては、ズバッと言ってしまうと、『異変が起こったダンジョンの奥を目指す』と言ったところ。

ついでにイベントのゲーム内容も、ズバッと言ってしまうと、PC版でプレイしているならマウスをクリック、スマートデバイス版でプレイしてる人なら画面をタッチ、するとその回数に応じてポイントが加算される、と言ったところ。…以上!!

誇張ではなく、ホントただこれだけだ!!

手持ちカードで組んだデッキのみ強弱も関係なく、敵のレベルを見極め攻撃に使用する体力の値を決定する必要もない。

必要なのはただただ、マウスをクリックするという作業を続ける、根気だけ!!

ももも…もともと、ごく僅かにしか存在していなかったゲーム性を一切排除してきやがった!!

こんな作業ゲー見たことねえ!!!…つか、作業ゲーじゃなくて、ただの苦行だよ、これっ!!

…などと思いっきり不平をぶちまけつつも、一方で時間を見つけてはもくもくとその苦行に勤しんでいる鯨田さん。

何故わざわざ自ら進んで、そんな苦行に身を投じるのかと言えば、イベントで獲得したポイントに応じて報酬として貰える可能性がある、限定のスペシャルカードに魅力を感じたからに他ならない!!!

もともとこのイベントを始めた当初は、『どうせこういったイベントは課金をバンバンしないと、うま味のある報酬なんて貰えやしないんだろ』…などと、無課金をつらぬく鯨田さんなどは思っていた。

しかし、いざイベントクエストに参加してみると、ちょっとプレイしただけで順位がグングンあがっていく。

その内に手が届かないと思い込んでいた、報酬のスペシャルカードが貰える順位までもが射程圏内に見え始めてきた。

そうなると、俄然欲が沸いてきてしまうもので『これは狙うしかねえ!!』…と、興味半分で参加していたイベントに、つい本腰を入れてしまうことに…。

本腰を入れるとは言っても、課金する気などはさらさらなかったので、やる事と言えば、空いている時間にスマホで画面をペタペタとタッチする事くらいではあるのだが…。

しかし、いつまでもそう上手く順位が上がるはずもなく、だんだんと上昇速度は緩やかになり、報酬確定の順位に達することもなく止まってしまい、今度はいくら頑張って空き時間にペタペタやろうとも、段々と順位が落ちてくるようになってきてしまった。

起きている時間は、ゲーム内の体力ステータス(クエスト進行するたびに減り、時間毎に一定数回復する)の回復ロスが出ないように、プレイしているにも関わらず順位が落ちるって!?

他の人たちは、もっと色々工夫して頑張っているってことかっ!?

正直鯨田さんとしては、こんなクソ面白くないイベント、皆早々にリタイアしてしまうに違いないという目論見があったのに!なんで必死こいて、こんなもんに取り組んでんだ、この暇人どもがっ!!

…と、自分のことを棚に上げて思ってしまう。

しかしこうなってくると、課金をして体力回復するアイテムを購入し、順位を少しでも上げたい…という欲求がふつふつと湧いてきてしまう。

…その度に、『いやいやいや!こんなゲームに金を払うなんてあまりにもバカらしい!!!』…と即座にその考えを否定するのだが、課金をしてしまおうかという思いは完全には払拭しきれず…。

こここ…これが、課金へと誘うソーシャルゲーム運営の巧みな手口かっ!?

イベント終了まで後5日程…、イベント内での戦いだけでなく、課金欲求との戦いにも打ち勝たなければならない!!



課金と言えば、イベント上位者達の獲得ポイントを見てると、『どんだけ金を使えばこんなポイントになるの?』…と戦慄する程。

『こんなゲームに大金を投入できるなんて、ホント金があり余って仕方ない人ってのはいるんだなぁ』…と羨ましいような羨ましくないような不思議な気持ちになってしまうのだった。


タグ:   対魔忍アサギ
2014.07.17(Thu) 00:00 l 版権イラスト l コメント (0) l top

戦闘妖精

2014年07月09日

14-07-09.jpg
『対魔忍ユキカゼ』から、水城ゆきかぜ。


今回も昨日の続きで『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』の話。

…つか、一般的なソーシャルゲームの課金ガチャの話しかも。

あ、念のため説明しておくと『ガチャ』ってのは、ソーシャルゲームなどで、ゲーム内のコンテンツをランダムで入手するための抽選システムのこと。

カプセルに入ったおもちゃなんかの販売筐体であるガチャガチャから名前をとっている…のかな?多分。

皆さん知っているとは思うけど、一応ね。




…さて。

『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』では、使用するカードに星の数1つから6つまでのレア度が表示されている。当然星の数が多いほど価値があるカード。

今のところ鯨田さんは 事前登録の特典として貰ったカードは別として、 星3つのカードまでしか持っていない。

ゲームをプレイしてて、それらのカードだけでも何の不自由も感じないのだが、やっぱり上があると提示されている以上、強力なレアカードが欲しくなってしまう。

ゲーム内で入手したチケットを利用してガチャを回す時には、『レアカード出やがれ~っ!!』…と、ついスマホを握る手にも力が入ってしまう。

そう簡単にレアなカードが出てくる訳がないのは承知しているけど、やっぱり期待はしてしまうんだよねー。

でも、いざ回してみても、出てくるのはその台で手に入るカードの中でも最低ランクのものやら、ダブリのものばかり。

無料で回しているとは言え、それなりに時間をかけて手に入れたチケットなので、結構~がっかりしちゃうんだ。

このままじゃ埒があかん!!他のプレイヤーたちにも遅れをとっちゃうよう~…と謎の焦燥感に捕らわれる鯨田さんの目に飛び込んでくるのは、ガチャのチケットを手に入れるために課金をするページに飛べるボタン。

…ふむ…。

ちょっと調べてみると、スタートを切ったばかりの『対魔忍アサギ~決戦バトルアリーナ~』、スタートキャンペーンと称したお得な施策を行っているという。

…ほう。

最高級のカードが手に入る可能性があるガチャを10回まわせるチケットが、初会購入時のみお安く提供されているらしい。

…ほうほう!

なんと、通常なら5000円の所を、3000円で利用可能だというっ!!!

ほうほうほうほうっ!!なるほどっ!!!…って、高いわっ!!!

ニュースなんかで、ソシャゲに重課金をしてしまう人を紹介する時に、月にウン万円ウン十万円使ったとか報道されているのを見ると、未知の世界であることも手伝って、『そんなもんか』と、あまり実感がわかなかった鯨田さんだが、こうして目の前に単品の値段を提示されると、あまりの高さにちょっとビビる。

本来の価格で言えば、カード一枚500円…。

実体がない上に、クリエイティビティもない(…と鯨田さんが思っている)ものに500円…。

確実に欲しい物が手に入るものではなく、毛ほども欲しくないうえに、もう持ってるカードが出てしまうかもしれないものに500円…。

これから先、盛り上がるか衰退するか全く予測がつかないし、言ってしまえばいつかは絶対サービス終了するゲームのカードに500円。

鯨田さんの価値観では、とてもじゃないが出せない…。

無料で挑戦したにも関わらず、あんなにも落胆させられるガチャを、3000円もぶっこんで、10枚ともクソみたいなカードしか出なかった時にどんだけ絶望を味わうのか…ってのはちょっと興味があるけどね。

やりませんが。


タグ:   対魔忍アサギ
2014.07.09(Wed) 00:00 l 版権イラスト l コメント (0) l top

君の知らない物語

2014年07月08日

14-07-08.jpg
↑『対魔忍アサギ』から、井河さくら。


今まで、ソーシャルゲーム・ブラウザゲームの類には全く触れてこなかった鯨田さんだが、ついに最近サービス開始された『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』に手を出してしまった。

そもそも何で今まで、ソシャゲ関連に関わってこなかったかと言うと、『世間では流行ってるけど、ゲーム専用機で出ているソフトに比べて全然面白くないに違いない』…などと勝手に思い込んでいたからである。

しかし、やりもせんのに決め付けるのは良くないな…と思い、たまたまサービス開始前の事前登録を募集していた『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』に登録してみたのである。

『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』はカードゲームタイプのブラウザゲーム。

手持ちのカードから任意のものを選んで作ったデッキでゲームを進めていく。カードはメダルやチケットを使用してガチャを回すことで入手できる仕組み。

当然強力なカードは入手が難しく、ゲーム内で手に入れるメダル・チケットをつぎ込んだくらいではよほど運がよくなければ手に入らない。積極的にレアなカードを入手したかったら、メダルやチケットを実際のお金を払い入手することが出来る。

ゲーム内で行動を起こすと“体力”が減っていき、これがゼロになるとなにもすることが出来なくなる。時間が経てば自動的に回復するが、これもまた課金することで“体力”を回復するアイテムを購入することが出来る。

…と、まあ超要約すると、こんな感じか。

なるほど、今まで鯨田さんが想像していたとおりのブラウザゲームのシステムだ。

ありきたりだな…とは思うが、課金を促すためには、ゲーム自体に魅力を感じさせなくてはならないのであって、意外にゲーム部分には期待できるのかも知れない!

…などと思いつつプレイを開始してみたところ、これがなんと微塵も面白くない。

ぶっちゃけ基本は、『次へ進む』的なボタンをタッチするだけ!!!

想像以上に面白くない!!!

つってもまあこのゲームに魅力がないわけでは決してないよ!?

カードの絵柄はかわいい&エロいし、ガチャを回して結果を見るのは楽しい。

レアなのが出ると思わずガッツポーズとっちゃう位だし(つってもちょっとだけレア…って感じのものしか持ってないけど)、ガチャを回すために、効率よくメダルを稼ごう…って気にもなる。

実際鯨田さんは一週間近く、時間が空いたらスマホをいじるって感じで、このゲームをプレイしてるからね。

…でもまあ…それってこのゲーム独自の楽しさじゃないよね…とも思う。


この話、明日に続きます。課金ガチャの話など。

タグ:   対魔忍アサギ
2014.07.08(Tue) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top

外見は100点

2014年05月25日

14-05-25.jpg
↑『対魔忍アサギ』シリーズから、井河さくら。

いつか描きたいと思っていた。

いつかリベンジしたいという思いに変わった。

タグ:   対魔忍アサギ
2014.05.25(Sun) 00:00 l 版権イラスト l コメント (0) l top