完全妄想系超内向性ブログッ!!

   

封じられし紙

2015年05月09日

15-05-08.jpg
↑『央華封神』から、来星晶。
誰が分かるんだ!?




鯨田さんの部屋の狭くないスペースを占拠している段ボール箱。

その中には、『いつか再読することもあるだろう』…と捨てずにとっている本達が眠っている。

でも、冷静に考えてみると、少なくもと5年は放置されているその本達…再読する価値があるのだろうか?

そもそも読まないから、しまってあるわけだしね!!

しかし、いくら読む気をそそられない本とは言え、なるたけ情報は保持しておきたい!!

…だからと言ってそのためだけに、部屋のスペースを割きたくはない!!!

我が儘な欲求に応える電子化の為に導入したドキュメントスキャナも、『やっぱめんどくせえ…』というやむを得ない事情により、埃をかぶって久しい!!

ででで…でも、いつかは電子化するし!その時のために、この紙の本達は取っておかなきゃだし!!貴重な情報の永久保存だし!!!

…いや、本当は鯨田さんも分かっているんだ…。その『いつか』は今後訪れないであろう事を。

少なくも!5年以上も!!しまわれ続けている本達に対しては!!!

ならば!再読もされない、電子化する気力もない本達が、今後も部屋のスペースを占有する事を許す必要があるのだろうか!?

いや、ない!!




…なんて事を、たまたま資源ゴミの日の前日に思ったので、『じゃあ捨てよう』という結論にいたった。

いざ本を捨てる時に、注意しなくてはならないのが、捨てるべき本か否かを判断するために、最後にもう一回中身に目を通したい…という欲求である。

そんな事をしようものなら、そこからしばらく読みふけって時間を無駄にしたあげく、『やっぱりこれは取っておこう』…などと捨てるのが惜しくなり再び死蔵させる…っつー展開が待っているであろう事は、火を見るより明らか!!

あかんあかん!そんなんあかん!!吟味は一切なしの方向で!!!

中には『これはとっておいた方がいいかも…』みたいな本がちらつきもしたが、

手に取る本を次から次へと、まとめ縛り上げる!!




んなわけで取りあえず段ボール3箱分の漫画やら文庫やらをふん縛り、収集場所に投棄!!

部屋のスペースがほんのちょっぴり広がった!!…気がしなくもない!!

物理的に確実に広くはなっているのだけど、3箱程度じゃあまり実感はありませんな…。

だけど、これは始まりに過ぎませんので!!

これからも後先考えずにガンガン捨てるぞーっ!!

おーっ!!




…とまあ、後先考えていなかったはずだったのに、何故か今回の大粛清を生き残ったのが、落書きでも描いた『央華封神』の小説シリーズなのだった。



タグ:   央華封神
2015.05.09(Sat) 00:00 l 鯨田さんのひとり事 l コメント (0) l top